宅地建物取引士の法定講習会に行ってきました

2019.1.21|カテゴリー「自分のこと」|投稿者 安本峰樹
先日、宅地建物取引士の法定講習会に行ってきました。
宅建の免許を受けると意外と講習会が多く(建築士よりも多いです)、しかも絶対参加ですが
今回は宅建の免許の更新の講習会という事もあり、特に絶対参加です。

5年に一度の更新ですが今回は初めての更新です。
講習会には200人くらいの宅建士が集まって朝から夕方まで土地取引に関する講習を受けました。

内容は、「法律」「税金」「コンプライアンス」「最近の動向」などなど。

不動産と建築は一般の方から見ると同一視されがちですが、講習の内容を見ても全然違う内容です。
不動産関係は特に法律、税金や過去の裁判事例などを学ぶ例が多く扱うものの影響の大きさを考えると守備範囲が広いです。

今回の講習会はいろいろ取り決めが厳しく、途中退席は不可やマスクをしていると本人認証の時にはマスクを外すように指示されたりなど偽装防止の対策が厳重でした。
かと思えば、最初にもし地震が起きた場合の避難方法の説明があったり、1分単位で休憩時間を決めるなど他の講習会と少し趣が異なる雰囲気でした。

それでも、広義の内容は最新の法律や税制、判例などを学ぶことができ有意義な講習会でしたが
内容が多すぎてちょっとアップアップな感じです。

ですが、最近現場仕事などアウトプット的な仕事が多いのでこうしたインプットの時間は重要だなと思います。
先日の土地探しフェアも今までにない大勢の方が来られて2部制にして開催するなど土地探しの重要性は増していますので、しっかりとインプットして頑張ります~