狙いどおり

2017.1.7|カテゴリー「土地探しについて ,現場のお話」|投稿者 安本峰樹

現在池田で建築中のMさんの家では、大工工事も中盤を迎えています。

断熱工事の前段階の社内検査に立ち会ってきました。

今までは足場シートで見えていなかったものが今回は見えました。

2階からの眺めです。

 

もともとMさんと土地探しをしている中でこの物件に出会った時に感じたのは2階からの眺めでした。

ちょうどT字路の突き当りにあたるMさんの家ですが、Tの字の道路は南に延びているのですが、その道路はすぐに公園に突き当たります。

つまり南側は道路と公園なのでとても見晴らしがよくなっているのです。位置的な関係もあり大阪市内も見渡せる絶好のロケーションを想定していたのですが今回南側の窓に立ってその狙いがぴったりあたったのを確認できました。

南北に細長い地形ですが、南側にメリットが大きいため今回の土地の購入を決断された要因があります。

土地探しにおいてパーフェクトは、ありません。

どこで妥協点を見いだせる方が今までお付き合いさせていただいていた土地探しの成功者の皆様の共通事項です。

今までのこだわりはいかせないけれど、こういう見方で新たなこだわりを満足できる。

そんな第三者目線で冷静に土地を見れるかどうか、が大事です。

なかなか難しいかもしれませんが、粘り強く取り組むことが一番の近道であると、私は思います。

 

お一人で土地探しに悩まれている方は、ぜひお気軽に安本までご相談くださいね!

IMG_7080

この光の向こうに開けた景色があります。