「KJWORKSの家具のある暮らし」勉強会!

2017.9.28|カテゴリー「キッチンと家具とインテリア」|投稿者 福井綱吉

8月と9月に私が講師となって「家具の勉強会」を開催したのですが、私的にはもっと木の家づくりも含めた面白い話にはならないモノかと悩み。。。

10月以降を思案していたところ・・・

ふとしたスタッフとの雑談の中でそのヒントがいっぱい湧いて来ました!

 

私が過去にやってきたこと。。。

例えば、玄関からリビング、ダイニング、キッチン、書斎を一体化した空間に統一された造作家具をブラックチェリーで仕上げた事例。。。

また、造作家具で仕上げた空間には、旭川や飛騨高山の食卓テーブルや椅子、リビングソファ、そして書斎のデスクも提案事例。。。

それから、手持ちの古ぼけた祖父が買った40年以上前の立派なソファやテーブル、レザー張りの椅子をその家具や内装に合わせてリフォームした事例。

 

家具ではないのですが、いつも建物が完成したら、その表情に合わせて、カーテンやブラインド、ラグなども提案。。。

表札やポスト、最近では宅配便ボックスの提案等々。。。

 

座り心地良い椅子で言えば、旭川のフィンガージョイントと削る技術と飛騨高山の曲げ木の技術の話もなかなか面白いし。。。

家具に似合う、内装に似合う、建物に似合う薪ストーブやペレットストーブの提案など。。。

 

結構、豊富な家具を中心とした木の家づくり工務店がKJWORKSなんだと今更ながら、そのアピールの出来ない自分に気づきました。

10月のイベントからは、「家具のある暮らし」と題して、脱線もしながら愉しめる勉強会にしていきたいものです!