いろんなところに倉庫在庫の無垢原板を使いたいですね!

2018.2.23|カテゴリー「リフォーム ,伝えたいコト ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉
13f7af8e7517b6931399b79cd5d91fe6
玉目も見られる素敵なケヤキの原板です!

彩都「くらしの杜」の本社倉庫内には、ビックリするぐらい数多くの広葉樹を始めとした原板が眠っています。

 

もちろん、赤松や黒松などの地松や姫小松、桧、杉、唐松、銀杏などの針葉樹の原板も数多くあります。

 

 

せっかくの宝物が、毎回加工に出すのが面倒なのか?

 

営業を始め、設計スタッフに至るまで使おうとしません。

 

というより使い方がわからないのかもしれません。。。

 

 

彩都へ引っ越してきたころに比べれば相当減ったのですが・・・

 

まだ500枚ぐらいはありそうです・・・

 

今回、中古住宅の建具を取り替えたい!

 

ということで、玄関収納の扉やカウンターも変更することになりました。

 

 

現在のモノは塩ビ製の木目柄で、ナラのプリントです。

 

玄関収納のドアも取り替えますので・・・

 

カウンターはせっかく倉庫に眠る、ご覧のようなケヤキの一枚モノを提供することに・・・

 

 

原板ですから表面は削れておらず・・・・・

 

それでも、写真も綺麗ですが・・・

 

現物は写真と違って木目は綺麗で、申し分ありません。

 

もっと、広葉樹の原板を使う教育っているのかもしれませんね!