こんな古民家の小屋裏も、愉しいい空間に再現したいですね!

2018.9.30|カテゴリー「リフォーム」|投稿者 福井綱吉
ac60a88bfb257290628503ba12a0db56
是が非でも一度はやってみたい、こんな小屋裏のリフォーム。。。

 

古民家リフォームのシゴトはいろんな発見があります。

 

8月に引き渡した高槻の古民家は、瓦屋根は60年前のままでしたが、大阪北部地震でも何の被害も有りませんでした。

 

基本的に古民家の基礎は石の上に柱が載っているだけ!

 

 

 

その建物の室内土間を配筋してコンクリート打ちし、間仕切下に立上り基礎を設け。。。

 

建物の妻側外部には新たにコンクリート基礎を造り、小屋裏下までを柱と管柱、梁の構造補強し。。。

 

外部を構造用合板で固め。。。瓦屋根は全て漆喰を詰め直し、ワイヤーで固定。。。。。

 

 

 

結果、震源地に近いというのに何の被害もなし!

 

その地震の後、更に台風21号。

 

けど、何にも被害もなし!

 

やっぱり手を抜かず、しっかりした手立てを施せば、古い家であっても、頑丈になるものですね。

 

 

 

 

ところで、ご覧の写真の家、築230年ほどの大和屋根の古民家です。

 

予算の都合もあったのと、小屋裏は必要とされず、そのまま天井を閉ざしたのですが。。。

 

床を補強し、骨組みを磨き。。。藁縄でしっかりと縛り直し。。。

 

しっかりとした吸排気を施し、お洒落な照明計画をすれば、素敵な癒しの部屋とかお店にできそうな感じ!

 

 

 

今度、この形の古民家に出会ったら、何とかお客様を説得して、癒しの空間を完成させたい!

 

そんな想いがこの写真を見るたびに沸き起こります!

願えば叶う!

 

何でも、これからも、常に叶うように願い続けます!