悲しい台風被害復旧工事でわざわざのお礼に嬉しい限り!

2018.11.14|カテゴリー「リフォーム ,伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
01-81
屋根瓦が捲れ、外れ、瓦下の土がずれてやり替えに。
けど、淡路の燻瓦は間に合わず、もっと丈夫な石州瓦の銀黒で。。。
02-74
台風21号は壁にまでクラックを造り、雨漏れに。。。ひび割れたタイルはガルスパンに、ひび割れた吹付壁は、防水シーリングの後、ゴム系の樹脂で塗り替え!

 

 

地震や台風の被害を修復する仕事は、お客様にとってありがたいけど、笑顔半分なシゴトです。

 

住みやすく、快適な暮らしのリフォーム。。。

 

増築や減築、動線を快適に。。。

 

呼吸する室内空間。。。

 

等々、予算を決めて、如何に快適なリフォームをするか。。。

 

こういうシゴトは、お金を払うこともあたり前で、気持ち良く払って頂けるシゴトです。。。

 

 

 

ですが、災害の復旧というシゴトは払いたくもない、突然の費用負担のお金ですから。。。

 

 

なんか、私たちも心なしか楽しいシゴトにはなりません。

 

けど、ただただ一生懸命、修復するコトが私たちの使命でありシゴト。

 

 

 

そんな今回の台風被害で、今日の夕方、あるお客様から、お礼の電話が入りました。

 

「台風被害の保険金が、満額でました!まさか、こんなに出るとは。。。」

 

多くの費用負担を覚悟の上ですでに完了した仕事でしたが・・・

 

今日、保険屋さんから連絡が入り、満額でたと喜びのお礼電話。

 

わざわざ電話を頂き。。。もう嬉しい限り!

 

 

 

先々週にも、同じ、保険対応で満額でて大喜びお電話を頂き。。。

 

これで2回目。

 

本当にうれしいばかりです!

 

 

 

台風で被った被害写真を整理してまとめ、原因を分析して写真に記載、そして、資料化。

 

その写真に沿って、被害復旧の詳細見積もりを作成し。。。

 

お客様に保険会社に説明する資料も添えて提出。

 

 

その結果が満額!

 

ほんとうに、嬉しいです。

 

疲れがとれます!!!