築22年の家、ここまで雨漏れしてシロアリがいない幸運!?

2018.9.27|カテゴリー「リフォーム」|投稿者 福井綱吉
IMG-6209
とんでもないカビが。。。
IMG_6740
捲ったらご覧の通り!

 

 

とあるお客様が築22年の中古住宅を購入されました。

 

そして、その建物リフォームを引き受けたのですが・・・

 

当初、現地確認した際に、強烈にカビの生えたコーナーの壁を見て・・・

 

 

 

お客様曰く「地震で上のバルコニーが割れて雨漏れがしたらしく、バルコニーの床を防水加工し直したので直したそうです!」と聞いて。。。

 

そんなここ2か月や3ヵ月でできたカビとは思えなかったのですが・・・

 

 

 

壁をばらしてビックリ!

 

角柱は腐って、外壁を支えるバラ板も腐って。。。

 

梁はぎりぎり大丈夫だったのですが、土台は一部完全に朽ち果て・・・

 

まだ通し柱ではなかった分がやっぱりラッキーかと・・・

 

ここまで雨水が浸透していながら、更にラッキーなことにシロアリの形跡な全く無し!

 

 

 

 

幸運というか?なんという酷い買い物か?

 

不動産屋さん曰く。。。

 

素人同士の不動産売買の仲介物件なので、売主には全く罪はなし!って言われます。

 

私からすれば、契約上は何の賠償も不要なようですが、モラルの問題だと思うのです。

 

 

 

売主も全く知らなかったと言われますが、知らないはずはない。。。

 

こんなにカビているのですから・・・

 

不動産屋さん更に曰く「建物価値はゼロ評価で土地としてだけでも非常に安く、それを売り買いの前に直すように言っていたら、他の人に売っていたと思う!」って言われました。

 

そりゃあそうかもしれないけど。。。。

 

 

 

 

何か解せない話!

 

とはいうものの、このお家を購入されて住まれるお客様に不安がらせるよりも、しっかりと安心できる修理をして、愉しめる家に仕立て上げる!

 

これが私たちプロとしての建築屋のシゴト!

 

 

 

どんな家であれ、どんなトラブルがあっても。。。。。。

 

出来上がったら、関わってもらえてホントに良かった!

 

そんなことを常に言われる、そんな工務店でありたいものです!