耐震補強リフォームで提案した内障子のデザイン!

2018.12.30|カテゴリー「リフォーム」|投稿者 福井綱吉
d5da03a3f9ac9aa31ca39757ed512be8
昔から格子は縦横共奇数が決まり。今回も内障子として同様に奇数の格子デザインに!

 

 

数寄屋風の優雅な御屋敷。

 

昔からの伝統的上下階の壁が一致しないそのお家が、6月の大阪北部地震とその後の台風21号で大打撃を受けました。

 

瓦屋根は崩れ、瓦下の盛り土は流れ、室内の壁一面にヒビ割れが生じ、いたるところの土壁が落ちて。。。

 

 

 

耐震診断すると、0.08レベル。

 

建築基準法上の基本数値が1.0レベルに対してです。

 

もちろん、昔からの和建築構造の考え方と、今の考え方は当然違うのですけど。。。

 

これが全て正しければ、敷地に家の形として成り立っていない数値ですからね。

 

 

 

被災当初は、取り壊しの話に。。。

 

それでもこの素敵なお家を壊すのは惨すぎると説明し。。。

 

建てられた今は亡きご主人の想いも尊重し、改修することになり。。。

 

 

 

耐震構造補強策の検討を繰り返し。

 

上下階の構造壁の整合性を図り。。。

 

土下地でむくりのある瓦屋根は、数寄屋づくりに似合う金属板金の横葺きにして軽量化。

 

 

 

写真のあかり障子の場所は本来、座敷前広縁の入口です。

 

そこは間口1.5m、奥に約4m、そこから左に約5m、突き当り手前には書院が。

 

その間、突当りに柱が一本あるだけ。

 

座敷側は全て雪見障子。

 

外側は木製の框ガラス建具で、コーナーに向けて二方向の手前に雨戸用の半間壁があるのみ。

 

 

 

その広縁を無くして、上下階を整合性のある構造壁に。。。

 

けど。。。

 

「座敷内部の書院は出っ張っていて構造壁の為に断念するけど、全ての内障子はそのまま残したい!」

 

そこで、構造壁はその障子壁の外に抱かす形で基礎から製作して、座敷の風情はそのままに生かす。

 

 

 

この家を知る人には、そんな想像のできるこの障子。

 

玄関入口横にある、元々の丸い明かり窓の内側には。。。

 

格子がタテに11本、横には中央へ3本を集めた素敵なデザインの内障子。

 

昔から格子は縦横共奇数が決まり。

 

 

 

今回もその反対側の内障子として同様に奇数の格子デザインに!

 

お客様にも喜ばれ、我ながらいい出来栄えに、ちょっと嬉しい気分でした。