二日続き「炎のある暮らし」のお家引渡し!

2018.3.6|カテゴリー「ストーブ ,リフォーム ,木の家(E-BOX)」|投稿者 福井綱吉
01-62
Dvre525CBJ。小っちゃいのに暖かい薪ストーブです!
03-32
Dvre640CBJ。ベルギーらしい顔つきのパワーのある薪ストーブ。
02-56
何故か古民家リフォームの家にはヤモリが住みついていました!

 

 

2日間連続で薪ストーブのあるお家の引渡し!

 

昨日は住宅地ながら北摂の山々が見渡せる2階リビングのお家。

 

そして今日は、完全な山の中で古民家リフォームのお家。

 

どちらも、Dovreの薪ストーブ。。。

 

 

 

昨日のお家にはコンパクトなのに燃焼効率80%の凄いパワーのあるDvre525CBJ。

 

ワンフロアの2階リビングですから、間違いなく部屋中があったかなシロモノ。。。

 

 

そして、今日の古民家リフォームのお家には、一回り大きな燃焼効率79%のDvre640CBJ。

 

このお家は平屋で面積が広いけど、断熱効果が充分ですからこのサイズで充分!

 

 

どちらにも共通するのは、薪ストーブを設置した部屋の上は直ぐ屋根というコト!・・・

 

ということは、室内のストーブ炉内から排気がスムーズに上ってもらえるだけの高さの確保が、屋根の棟より煙突が少し高いだけでは不充分。。。

 

できれば5.0m欲しいところで、最低でも4.5mは欲しい!

 

ですから、煙突は結構屋根から空に向かって延びています!

 

 

 

こうしたちょっとした煙突のノウハウや建物の特徴や断熱性能による機種選定、そして配置計画は、家づくり工務店のKJWORKSだからこそ、お客様に自信を持って伝えられる安心感でもあります。

 

KJWORKSのスタッフであれば、誰でも、薪ストーブやペレットストーブ、エタノール暖炉等『炎のある暮らし』を自信を持って伝えられる・・・

 

そんな会社として北摂地域から関西一円を網羅する想いです!