冬の家には遠赤外線のストーブが一番!

2019.1.6|カテゴリー「ストーブ」|投稿者 福井綱吉
RAIS-Q-TEE2
断然高性能なRAIS薪ストーブQ-TEE2
手前にあるのは、ブリケット燃料です。炉内で燃えているのも1本はそのブリケット!
cdf60a0df83fc6cd8ef2751213269bfa
何かと気になる場所や人には、煙突不要のエタノール暖炉が一番!

 

 

今日は、お家の契約と打合せが会社近くであるものですから。。。。。

 

初出の7日を前に、本日6日(日)朝から会社に出勤しております。

 

 

 

出社して、早速したことは「かぐら」の薪ストーブの火入れ!

 

火入れといっても、いたって簡単!

 

 

ストーブのトッププレートに水を入れたスチーマーやケトルを配置。

 

乾いた焚き付けと、乾いた薪を炉内に組み上げて着火剤を仕込む。

 

ストーブ炉内の空気が煙突から外気に向かって流れているのを確認する!

 

逆流していたら、近くの窓を少し開けると空気の流れが煙突に向かいます。

 

室内か外部からの吸気をストーブ炉内へ全開にして

 

マッチやチャッカマンで火を付けるだけ。。。

 

 

 

 

勢いよく、早く燃やしたのであれば、ストーブのドアを少し開けば良し!

 

トッププレートの温度計が100度を超えてきたら空気を少し絞り。。。

 

150度を超えてきたら、もっと絞り気味にする・・・・・

 

すると、揺らめきの炎が・・・

 

めらめらめら~~~!

 

 

 

 

足のつま先までぬっくぬくに。。。。。

 

今日はこんな仕事のスタート。

 

 

 

 

最近、売れば良し的な薪ストーブ屋や工務店が横行して・・・

 

薪ストーブの基本的教育をしないまま、なんちゃって薪ストーブ愛好家が増え始め。。。

 

そのマナーの悪さと、間違った煙の出る燃やし方が続発して・・・

 

「薪ストーブを焚くな!」

 

「煙出すな!」

 

そんな肩身の狭い本来の愛好家も困っておられるようです。

 

 

 

一度悪い印象が地域に根付くと焚きにくい状況になります。

 

そんなときには、写真にもあるような大鋸屑を圧縮したブリケット燃料は優れモノです!

 

煙がほとんど出ませんし、割りと安い!

 

 

 

また、それでもいよいよ薪ストーブが無理なところでは、煙突の要らないエタノール暖炉しかないですね!

 

このエタノール暖炉も、最近は人気が出てきて・・・

 

ネット販売で安く販売し始めていますが、これは危険です!

 

 

 

安全性を誰も保証していません。

 

KJWORKSでは、世界の安全規格取得及び第三者機関の試験を経て、日本で唯一販売実績のあるエコスマート社の製品を採用しています!

 

バイオエタノールも責任を持てる純正品を供給!

 

 

 

とまあ新年からストーブ話に熱くなる私ですが、今年も宜しくお願いいたします。