ふるさとの木の家づくり!岡山編

2018.1.17|カテゴリー「伝えたいコト ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉
d376318757bc8521591e0c11bee85adc
炎のある暮らし。
2937a977dc3adc3c9672e73eccc1ac50
のびのびした暮らしの木の家
d631d1244b923861bfd1a8dd7092a031
薪ストーブが心地よい!

岡山県津山市で建築させていただいたSさんのIターンの話です。

 

 

Sさんご夫妻とは、今から17年前の2001年3月からのお付き合いです。

 

Sさんのご主人は、社会人の20歳代後半になってから地域医療に貢献することが天命と決意し、再度、医学部に入学され、医師になられた方です。

 

お会いした当時は、堺市内に住んでおられました。

 

堺市内で中古住宅探しを依頼され、その後、奈良県内の地域医療であればどの辺で土地探ししようか?

 

とかいろいろ漠然とした話を繰り返しながら・・・・・

 

 

 

その後、2008年ごろに、岡山県内の病院から声がかかり移住を決意。

 

それから家づくりを本格化。

 

岡山県津山市郊外の市街化調整区域や建築可能な農地を見歩き、私も何度も足を運び、折衝しては建築不可の繰り返し。

 

街中であれば空地もあるのですが、自然が満喫できて、ある程度広い敷地を求めようとすると高い。。。

 

かなりあきらめかけていたころ。。。

 

 

 

当時住んでいた家の目と鼻の先に出物の土地があったのです。

 

敷地の裏は公園横の桜並木が林立し。。。

 

季節には花見で大賑わいの公園横の宅地ですが、区画が広すぎて、その地域の人には買い手がつかず、高値で宅地転用にならないまま空地となっていたのです。

 

 

 

ダメもとで、価格折衝したところ、希望通りの値段で売ってくれると話がトントン拍子に。。。

 

長い間の行動がやっぱり実ったんです。

 

アンテナを張り巡らせていれば、いずれ、どこかに何かが引っかかる!

 

動き出すとどんどんコトが進み。。。

 

 

 

それまでの10年間の土地探しの苦労も一気に実り。。。

 

ご夫婦と子供さん4人、家族6人の愉快に笑顔で愉しめる木の家、もちろん、薪ストーブの炎のある暮らし。。。

 

そして、プラン開始。。。

 

 

 

2011年初めに土地を正式契約、農地転用手続き他関係許可申請が受理。

 

その年の3月に地鎮祭して月末に基礎着工。

 

地盤は問題無し!

 

その年の11月に完成。。。

 

 

 

 

悶々と動かなった土地探しや家づくりが。。。

 

動き出すと本当に早いもの。。。

 

私とは土地探しから、家づくり、暮らし方までを常に話し合い、密に家族のように相談に乗っていたからこそKJWORKSで家づくりをお願いしてもらえたのだと思います。

 

 

 

不動産屋さんに土地の連絡をして、それから11か月後には家族みんなで新しいお家に住んでおられた!

 

そんなSさんご家族の木のいえづくりでした・・・

 

 

 

その後、岡山では製材所と大工工務店ともご縁があって、このお家の後に2件の家づくりが始まりました。

 

そして、今年も、また、古民家リフォームの下見調査で岡山に行っております。