ポプラの原板にもその歴史があります!

2018.5.26|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
IMG-3543-1

このポプラには、歴史があります!

先週ご依頼いただいた、手持ちの原板の話。

「1枚モノの奥行が800mm以上の天板でテーブルをつくってほしい!」

そう言われても、そんな幅の原板は少なく。。。

トチ、セン、杉、ポプラが2枚・・・・・

正確には800mm以上最低奥行のある原板はポプラの2枚のみ。

ポプラの原板?と言ってもあまりピンとこない様子でしたので。。。

その生い立ちをお知らせしてみました。

このポプラの原板の樹齢は120年以上前のモノ!

18年ほど前に岩手県沢内村に出向いて、森林組合の倉庫の中身を全て買い上げた時にわかったこと。。。。

そのポプラの木は、その当時から約100年以上前に、山間の開拓村の家族が植えた1本のポプラの木だったそうです。

ダム建設でその村が沈む為に、その界隈の広葉樹材が切り出され。。。

その際に伐採されたひとつが、このポプラの木!

当初は10枚ほどあったのですが、色々なお家にテーブルとして販売し、当日、残っていたのがこの2枚でした。

その昔、開拓者の家族が記念に植えたポプラの木。。。

それを聞かれて、即、「これが欲しい!」

・・・となって、このテーブル、脚着けて、28日の月曜日に豊能町のお家にお嫁入りします!

大切に使ってもらえそうです!