思わず、かっこいいなぁと実感した増田宗昭さん

2017.10.18|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
01-27

昨日と今日は、滋賀から京都、大阪と異業種の「びっくり企業・ビックリ事例の視察勉強会」の二日間でした。

その中でも最も感動し、その創業者の写真をみて「かっこいいな!」と感じたのが、カルチュア・コンビニエンス・クラブを率いる増田宗昭さん。

 

30年前に、映画や音楽、本のレンタルからDVDのレンタル業態としてTSUTAYA書店というライフスタイルを立上げ…

その後、Tポイントカードを構築し、レンタルのライフスタイルがネット社会で埋没するのを予見し。。。

新たなスターバックスとコラボした図書館構想、そして、本とカフェを核として融合した新たなライフスタイルとしての百貨店を構築。

 

それが、代官山T-SITEに始まり、湘南T-SITE、そして、今日見て回った枚方T-SITE。

その3店舗とも全て見たのですが、都度、進化し続けています。

本業としての連続した進化には感じられなかったのですが、増田宗昭さんの言葉で腑に落ちました。

まだまだホテルビジネスもドミトリースタイルで展開開始しています。。。

 

「カルチュア・コンビニエンス・クラブは、企画会社です」

私たち、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)がいう「企画」とは、 ライフスタイルに革命を起こすような仕組み、つまり、生活を新しくするインフラやプラットフォームのことです。

「こんな生活はどうですか」と、ライフスタイルの提案をして、 それを誰でも利用できるインフラにすることなのです。

 

この言葉は、T-SITEを見て回るうちに実によく理解出ました。

そして、私自身も、KJWORKSを単なる家づくり工務店ではなく、しっかりとぶれない、自分たちのライフスタイルを提案し、その提案に共感していただけるお客様を「くらしの杜」というライフスタイルの複合施設から日々進化発信していく。

もっともっと魅力的なシゴトを深化させる会社にするのが天命だと気づかされました!

規模は違えど、学ぶことは尽きません!