私の考える「くらしの杜」と家づくり工務店KJWORKSのコト。

2018.12.20|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
a2cb9d2b1a07f8c030ab59760c870cb3
ひとが必然的に集う場、それが彩都「くらしの杜」です!
e3efba437c00e877c87de6dbe0055acc

 

 

 

家をを売る!

 

土地とセットで売る!

 

樹脂建材で家を作る!

 

利益優先の工務店を営む!

 

そうした工務店は、私には、とてもできないし、考えられません。

 

 

 

 

私が昭和の時代から構想してきたコトは。。。

 

「くらしの杜」を創るコト!

 

 

 

人が必然的に集い、お昼ごはんを食べながら語らい、暖炉の前でお茶やコーヒーを飲み、癒され、くつろぐ。

 

そんな場には、鉄やコンクリートや樹脂の建物は似合いません。

 

臭いではなく、匂う、香る空間。

 

目の疲れない、身体が心が癒される空間。

 

それは山や森から伐り出される木材森や土から採れた素材が似合います。

 

ヒトも森の子ですから。

 

 

 

 

そんな「くらしの杜」の中に、地域に根ざし、必要とされる木の家づくり工務店がある!

 

暖かさは機械からの直接の風ではなく薪ストーブやベレットストーブ、煙突の無いエタノール暖炉など、遠赤外線や対流による温もり。

 

涼しさは、自然の風か自然に近い綺麗な対流の空気で満たす。

 

梅雨時の空気は漆喰や珪藻土など調湿や脱臭効果の秀でた素材でカラッとした空間。。。

 

 

 

そんな場を食堂やカフェ、ファーマーズマーケット、洋菓子屋さんなど、色々なお店に提供して。。。

 

お客様に笑顔で愉しんでもらえる場を提供する組織。

 

それが、彩都「くらしの杜」です。

 

 

 

 

そこでは、コンサートや落語会、子育て支援の場、等々いろんなイベントも目白押し。。。

 

そんなことを運営する会社「彩都くらしの杜」に、新築やリフォーム、お店づくり、医院や施設を設計施工して地域や地域の人のお役に立てる木の家づくり工務店がある!

 

それが、KJWORKSです。

 

 

 

工務店であるKJWORKSが彩都「くらしの杜」を運営するのではなく・・・

 

彩都「くらしの杜」に家づくり工務店のKJWORKSがある!

 

そう考えると、落語会も、ストーブ屋さんも、雑貨屋さんも、私の蕎麦屋も腑に落ちます。

 

 

 

もう少し時間はかかりそうですが・・・

私たちKJWORKSは、そんな「くらしの杜」の中に息づく会社として、これからも頑張らねばと思います。