福井の気づきブログ/老若男女みんなが集い暮らす彩都「くらしの杜」村づくり構想

2014.2.8|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

今年はKJ WORKSのみんなが覚悟を決めて、命がけで彩都「くらしの杜」村づくり構想に取組む年です。

KJ WORKSの志事は家づくり工務店。

その目的は、家づくりを通じて、お客様に暮らしを喜んでいただけること。

彩都「くらしの杜」には、

岡山県美作市の産地直送農産物販売所「彩菜みまさか」の出店で、日々の買い物ができる・・・

隣りでは、手づくりパン工房「パパシュ」の美味しいパンが頂ける。

「かぐら」に入ると、薪ストーブの炎が、からだの芯まで温める遠赤外線を放射しています。

そんな炎の前で本を読みながら憩える「コラボカフェ:図書カフェ」があります・・・

素敵な家具やコモノ、器、雑貨を眺めながら・・・

お昼は「コラボ食堂」でこだわりの日替わり健康ランチ!(店主も日替わりです!)

私も毎月2回は、手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」を開店しています。(私も日替わり店主のひとりです!)

2016年オープン迄のデモ的なこだわり食材を販売・・・(オープン後はクマもんとゆずるくんの熊本&箕面のコラボ!)

食後は濃厚な小国ジャージーソフトクリームをセルフで巻いて・・・

たまには、小国館で開催のいろんな文化教室で習い事(2016年3月迄の1階は薪ストーブ専門店)

落語会「彩都 木楽亭」では桂 吉弥さんと林家 染弥さんが熱演(地域の人たちがお笑いでストレス発散!)

裏の畑では季節の野菜ができて・・・

小国館には薪ストーブとペレットストーブ専門店(「かぐら東館」オープン後は、地域の演奏会場に!)

中央広場では、餅つき大会や屋台での「杜の感謝祭」、露天、園芸ショップも開催(お祭り広場です)

彩都「くらしの杜」南には彩都リハビリティ病院、モノレール西向かいには、ホームセンター「アヤハディオ」。

そして、「かぐら東館」は、保育園をメイン施設として2016年4月にオープンします。

無垢の木と漆喰の壁や天井に包まれた大自然の温もりのお家が保育園となります。

暖房は全館、薪ストーブでからだの芯まで温もる暖房施設にできたらいいなあ!

それを補助する形で、エアコン1台で年中冷暖房可能な環境省エネのマッハシステムのお家にしたいな!

屋根には屋上庭園を設置した園児の遊び場を設けて大阪一帯が見下ろせる。

保育園の給食は、「コラボ食堂」や「コラボカフェ」の地域の仲間が協力して「彩菜みまさか」の野菜とオリジナル食材で運営。

その横に熊本県と箕面市で生産する健康食材を「クマもん」と「ゆずるくん」でコラボする食材のお店を運営。

「コラボ食堂P-2」と手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」も計画。

そして、薪ストーブ専門店「かぐら」では、スイーツとカフェのお店で賑わいます。

地域の人が集うセミナールームも・・・

★保育園の次は、畑のある木の家エコアパートやリハビリ中心の福祉施設構想へと妄想は続きます!

★みんなが寄り添え会え、集う、彩都「くらしの杜」という、愉しい雇用を産む『村づくり』が始まります!

木の家づくりを『村づくり』と共有し、地域に育てられる家づくり工務店を目指します。

この壮大なプロジェクトは、地域の工務店として私の考える『村づくり構想』でもあります。

この目標に向かってまたハードルが高くなりましたが頑張るしかありません!

追伸!

今日は、手打ちそば「彩都 木楽庵」でした。

風のきつい、寒い、雨空で、大きくふくらせた来店目標には遠く及ばなかったのですが、まあ、こんな日もあります・・・これが水商売ですね!

あまりにも美味しく出来上がった蕎麦、出汁、でしたが、また今度リベンジです!

今年の「彩都 木楽亭」は、2014年3月1日(土)桂吉弥さんと林家染弥さんによる二人会から始まります。

林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
http://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/