箕面市立病院の患者ありき対応に脱帽!

2014.3.24|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

KJWORKSの在り方の見本を箕面市立病院で体験しました。

19日の朝、豊能町の山林で立木伐採中に木を切るはずが親指を手鋸で裂傷・・・

大慌てで近くのガラシア病院で応急処置後、整形外科専門医療機関の箕面市立病院を紹介され大急ぎで来院・・・

初診患者として馴れな私を見かねたのか受付のスタッフが流れを丁寧に教えていただき・・・

更に、受診内容に沿って、整形外科へ導いていただき・・・

そして、診断。

それから、手術への対応チェックや血液検査、尿検査・・・

連休が続くために検査結果等が間に合わず、手術はその日は不可・・・

再度、担当医師からのその後のアドバイスと手術同意書の懇切丁寧な口頭説明。

そのための化膿止めの点滴・・・

この間、忙しい受付スタッフ、医師、看護師全てのみなさんの、馴れない不安な患者第一の笑顔とわかりやすい優しい対応にすっかり感激・・・!

19日で、手術が24日?指が裂傷しているのに、早くして!って言いたくもならない不思議な、私自身の病院への安心感にビックリ!

その次の日にインフルエンザであるコトが判明し・・・

特効薬「イナビル」で一気に回復して手術の今日を迎え・・・

24日、午後3時半に箕面市立病院へ再来院して・・・

正式病名、左手長母指伸筋腱断裂(4/5が断裂)

まな板の鯉状態で、先日最終回のテレビ映画『医龍4』バリの状況の中・・・・・・!

1時間半の手術が終了・・・無事、成功!

この間も、手術担当医師や多くのスタッフの心ある、笑顔と患者第一のゆとりの言葉や行動、表情、配慮に感服・・・

今までではあり得ない病院の対応に、もう、箕面市立病院にぞっこん!

決してどこでもこうはできないものです。

長年の患者第一主義、お客様ありき、その経験的継続と素晴らしい先陣をきる指導者がおられたんだろうと察します。

本当にありがとうございました。

また、身を以て、KJ WORKSのあるべき体験実践の大学習となりました。

・・・・・・けど、傷口・・・強烈に今、疼いていますが、それより箕面市立病院の対応への感謝のほうが疼きに勝っていて、さほど苦にはなっておりません!不思議な気分です。。。。。。

学ばなくっちゃ!

追伸!

彩都 木楽庵」・・・残念ながら、3月29日(土)は、御縁ある保育園からの卒園式へのご招待でその日は蕎麦屋はお休みとなります!

次回は、4月12日(土)ですが、困ったことに私は親指の裂傷で蕎麦打ちはできず・・・

まあ、二人に蕎麦打ちは任せようか!

次回の落語会は、5月27日(火)、桂 吉弥さんの会です!

林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
http://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/