図書館カフェについて学生の意見も取り入れてみたい!

2013.5.18|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。今年はKJ ワークス始業の年です。

3月に木の家づくり図書館を中心とした「かぐら」のリニューアルをしてみました。

結果は、方向性としては満足なものになっています・・・

けど、2016年秋にオープンを予定する「かぐら東館」との関係を考えると。。。

今の形が中途半端な方向性に陥るような気がしてなりません。

そこで、あるご縁から・・・

若い学生さんたちなら、彩都「くらしの杜」の木の家づくり図書館をどう考えるのだろうか?

一緒に考えてみたくなりました。

「かぐら東館」には、食堂や惣菜屋さん、料理教室、セミナールームのほか、スイーツとカフェを併設した薪ストーブ専門店「かぐら」を計画しています。

スイーツとカフェを併設した薪ストーブ専門店「かぐら」に至っては、地下と1階、そして、2階も含めたゆったりした憩いの場として南と東の景色の良い場所に計画しています。


この空間には、木の家づくり図書館を純粋に利用したい人や、木の家づくりの空間で癒されたい人、心地良さを体験したい人のリピーターを増やしたい・・・

ところが、木の家づくり図書館にも薪ストーブや「コラボカフェ」があって・・・

下手をすると悪い意味、重複してしまいます。

この二つのお店の違いは自分なりに考えてのコトですが・・・

これって、あくまで作り手の発想です。。。

全く第3者である学生さんたちならどう考えるだろう?

ただ、彼らは学生であって、日々家庭の暮らしに関わっている立場にはなく、無理な面も多々あるかもしれません・・・

けど、若い純粋な関わりのない学生らしい発想から、何か面白い発想がヒントになるのでは!

そんな想いもあって、これからじっくり研究を若い力と一緒に考え学んでみたい!

そんな気持ちで、今から楽しみでいっぱいです!

追伸!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

『木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
http://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/