2013年1月から、右近の里でイベント開始します!

2012.12.28|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日も、丈夫な体に感謝します!

今年は今日が大掃除で仕事納め・・・

けど、朝から、豊能町高山地区にある「右近の郷」の餅つき大会と蕎麦教室に出かけてきました。

来年からの共同イベントの開始に当たり・・・まずは「右近の郷」と高山地区の皆さんと馴染むことからが大事なんです!

そんな中・・・自治会長も含めた話し合いで、早速、2013年1月20日(日)に、薪割大会を開催することが決定しました(詳しくはこちら

地区の山の伐採木を午前中に山から採り出して、「右近の郷」に搬入・・・そして昼食・・・

午後から、グラウンドで薪割大会を開催・・・

午後3時ごろには、各々の車で、来シーズンの薪燃料を分け合って持ち帰る・・・

終日のイベントとなります。

道具類やトラックを持ち込んで、「右近の郷」にも使用料と薪燃料調達費用を考えると、一人1,000円の参加費用です。

1,000円で、たっぷりの薪燃料が調達可能です。

こうした薪割り大会は、2月17日(日)にも開催します。そして、年4回ぐらいはしようかと!?

他にも、みなさんのご家族だけの単独開催も可能にする予定です!

ということで、こんなわがままがまかり通る!「右近の郷」は、実に楽しい・・・

けど、せっかくのお宝の「右近の郷」も過疎化で若い人も少なく、そのイベントの集客に事欠き・・・

私たちKJ ワークスがもっと楽しい「右近の郷」にしようといよいよ、2013年から高山の人たちと共同で大イベント計画を進めていくことになりました・・・

そんな今日のイベントを写真でご覧ください!

  
年末ですから、野菜やお餅、ぜんざい、おでんのほかにもしめ縄も販売していました!

  
雑煮には最高の大根、なにわの伝統野菜の高山ごんぼ、真菜漬け、高菜漬け・・・
そうそう、今度から「コラボ食堂」で販売予定の4種類のこんにゃくも・・・

 
猪肉も・・・調理場ではせっせとお餅づくりが・・・そして、高山地区で採れたそば粉で蕎麦打ちも。。。

  
餅つき大会では、怪力の「おくちゃん」が大活躍・・・疲れのセンサー欠如で疲れを知りません!?

  
丸餅や鏡餅もつくって、ついでにその場で食べて・・・蕎麦も湯がいてご馳走さまでした!

こんないい場所、中々ありません。みんなで出かけて、わいわい騒いで、楽しんで、村の人たちにも「元気」を伝染していただく・・・面白い大イベントですので、こうご期待くださいませ!

追伸!

楽しさ満載。。。

ファーマーズマーケット「彩菜みまさか」やパン屋さん、薪ストーブのある「かぐらカフェ」、家具雑貨の「かぐら」、田舎の役場のようなオープンオフィス、薪ストーブで愉しむ宿泊体験できる小国館、「コラボ食堂」、落語の「彩都 木楽亭」、蕎麦打ち教室、プチ畑など盛りだくさんのくらしの杜」・・・

『杜の学校』『住まいの学校』と学びの場も益々進化中のKJ ワークスをホームページからぜひ、ご覧ください!

http://www.kjworks.co.jp