3日間の出張から帰ってきました!

2008.10.31|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉


私の講義の後には、東京・岡庭建設の池田さんが・・・そして、その後には友人の大蔵建設の大蔵さんが地域材の活用の家づくりを説明しています。


主宰の野辺さんもパソコンたたきながら聞き耳しています!

28日から今日まで出張でした。

28日は、茨木県のつくば市に設計ヒアリングに・・・・・建設予定地が奈良県なのです!

29日は写真でご覧のようなSAREX企画・設計力鍛錬塾の臨時講師に・・・・・

「物語のある木の家づくり 家具提案力」と題して・・・・・
共感力と直観力(気づき)を向上させ「共感する物語のある家づくり」を実践する事が、地域の「家づくり工務店」の使命と唯一の生き残り策である。
?自社に似合う住まい手との家づくり(新築&リノベーション)が物語性を確実に生む
?団塊世代の家づくりには、共感力と直観力のあるスタッフのサポートが絶対条件
?団塊世代ジュニアの家づくりは中古住宅のリノベーションが主流となる
?使い続けられた愛おしい既存家具の再生と、木の家づくりに合うキッチン家具の提案力が信頼の家づくりに繋がる
などなど・・・・・

そして、今日はOMの会議・・・・・・

3日間も出歩くとやっぱり、ほんと疲れます!

けど、全国の多くの仲間工務店の元気をもらって帰ることが唯一癒されるところでもあるのです。