『伊丹 森のほいくえん』も工事が始まっています!

2013.2.14|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

最近は、全国各地の介護施設や子供の保育施設、教育現場を学ぶことが多くなりました。

ですから、運営はしていないものの、福祉に関する想いや考え方が身についてきているような気がします。

そんな学びを繰り返すうちに・・・

ありがたいことに、堺市では、グループホーム『みんなのわが家 はるか』の設計施工請負を承り、12月1日運営開始を目指して、全てを小国杉を中心とした木の家づくりでいよいよ着工です。

そんな折、伊丹市では、NPO法人e-kidsさん運営による『伊丹 森のほいくえん』も着手しています。

この建物も全て木造で・・・!そうしたいのですが、この施設は、上層階がマンションの大型コンクリート造のテナント施設約100坪ですから、防火と消防法上、木造ではできません。


右側の下がり天井と左のBOXは真っ白に囲い、後の見えるスチールは真っ白に塗った電気照明用のフレームになります。


床には小国杉を張るために現在大引き下地の取付け真っ最中!

致し方なく、天井や壁の下地には軽量鉄骨の下地材を使用して、極力使える部分は無垢板でつくろう!そう考えています。

ですから、床は40mm厚みの小国杉を採用しています。

また、入り口から入ると、四方八方の突き当りの壁までが見通せるような間取りで、入ってすぐの場所には、コンテナハウスでボックス型のお洒落なケーキショップのようなお店風厨房がある・・

とてもおしゃれで面白い用幼児施設とは思えない保育園です!

ちょうど今日、アンチーク&デザインガラスの工房でガラスの剪定をしていたら・・・

カフェスタイルのみんなの集まる場の、お手洗い入口ドアの明り取りにお洒落なガラスを1枚用意して欲しいと、担当の「わーしゃん」から依頼を受け・・・


白い紙の上に載せていますから、今一つ、雰囲気は出ていませんが・・・
私的には左の可愛らしいガラスを決めています!

ご覧のようなガラスのどちらかを小窓に設置することにしました。

片方を選んでもらってら、残りはどこかのお家の明り取りに使おう!そう思っています!

まあ、なんだか、私の学びから・・・

面白い取組みの仕事を引き寄せているようです!

感謝!

追伸!

笑顔が絶えない・・・楽しさわんさか。。。

ファーマーズマーケット「彩菜みまさか」やパン屋さん、薪ストーブ専門店のある「かぐらカフェ」、家具雑貨の「かぐら」、田舎の役場のようなオープンオフィス、薪ストーブで愉しむ宿泊体験できる小国館、「コラボ食堂」、落語の「彩都 木楽亭」、蕎麦道場、プチ畑など盛りだくさんのくらしの杜」・・・

『杜の学校』『住まいの学校』と学びの場も益々進化中のKJ WORKSをホームページからぜひ、ご覧ください!
http://www.kjworks.co.jp

それから・・・
『木の家づくり図書館』に今年から開設しました「福井文庫」と薪ストーブ専門店としての豊富な本も取り揃えますので、私のブログ同様に宜しくお願いします。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
ttp://www.kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/