石見の国で、建て方と学び

2014.6.25|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

23日(月)の午後から出かけた石見の国への出張から無事帰還です。

 

24日(火)の朝8時前から建て方開始した「石見の家」が本日25日正午、無事棟上げしました。

01島根  美しいフォルムです!

 

その建て方の間、私はといえば、世界遺産の石見銀山とその景色、その街界隈で知り合った偉大で素敵な人たちとの出会いのご縁にまたまた勇気を拝借いたしました。

02島根 03島根

石見銀山に残る旧藤田組が手掛けた製錬所の跡や鉱山の坑道の一つ「龍源寺間歩:りゅうげんじまぶ」を中心に散策しまくり!

 

その後、不思議なご縁で知り合い、その晩も懇親を深めることとなったっ篠原メタルの篠原さん。

04島根  工場と展示品を見学。

 

篠原さんの紹介で知り合った石見銀山生活文化研究所の松場大吉会長と他郷 阿部家の松場登美社長と番頭の峰山さん。

05島根   石見銀山生活文化研究所本社全景。

06島根   群言堂本店(本店右と左の工房)

07島根  他郷 阿部家の台所、ここで3家族限定の食事をみんなで食します。

群言堂本店と他郷阿部家も隈なく解説付きで見学・・・そして大きな学びの数々・・・・・・

※他郷(たきょう)とは、中国に古くから伝わる言葉で、もう一つの故郷というそうです。

※阿部家は今から230年前に建てられた由緒ある武家屋敷で、30年前から廃屋になっていたものを、石見銀山生活文化研究所の別組織として徹底復元した、登美さん自らがその家屋に住みながらおもてなしのお宿を営まれています。

 

本来は「石見の家」の建て方に来たのにもかかわらず、抜け出して数多くの見学を許していただいたMwさんご夫妻には本当に感謝です!

 

今回は、私自身の進む方向性と大きな一致点をもっておられる石見の偉大で素敵な「和文化の商人」たちとの出会いのご縁、そして、石見でお家を建てさせていただいているMwさんご夫妻とそのご兄弟の方々・・・

美味しい空気と素朴な悠久の郷で、末永いお付き合いができる確信を得ました!

 

追伸!

次回の手打蕎麦「彩都 木楽庵は今週末の28日(土)です。

手軽な手打ちそば同好会は、28日(土)、午後2時半ごろからから開始です。


林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

林家 染弥さんの名前では最後の「彩都 木楽亭」は8月26日(火)!

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
http://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/