島根との不思議なご縁の始まり!

2014.7.2|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

ちょっとしたきっかけが大きなものになりつつあります。

 

堺市にお住いのお客様から、島根でお家を建てたいという相談があって・・・

たまたま全国の林産地で頑張る製材所の集いで知り合った地松専門の竹下木材さんが建築予定地の町内会で・・・

竹下さんに紹介いただいた渡辺眞工務店と一緒に、地松と杉と桧による家づくりをすることになって・・・

その晩にみなさんで飲んだシャンパン風の軽いお酒「雪香」をスイーツのお店で扱いたくなって、翌朝、その製造元の一宮酒造の浅野社長を訪問・・・

そして商談成立!?

 

今度は、先週、建て方の為、再度訪れた大田市の現場のついでに訪問した石見銀山のある大森町で、ふとしたことから鉄のアクセサリーやオブジェ、小道具を製作される篠原メタル工房を訪ねることとなって・・・

そこで、篠原さんと親しくなったところ、渡辺眞工務店ともお付き合いのあるコトを知って・・・

また、群言堂本店を観てきた話をすると、群言堂さんと親しいと篠原さん・・・

 

その晩、大田市内の居酒屋「石さん」で飲んでいると、渡辺専務と監督の森さん、そして篠原さんが嗅ぎつけてきて???

意気投合の呑兵衛談議に!

 

篠原さんが群言堂の社長ご夫妻と、他郷 阿部家を紹介するということで、翌朝、茅葺の家と木造建物の石見銀山生活文化研究所を訪問。

そこで、オーナーの松場大吉さんと知り合い、そのあと、他郷 阿部家で松場登美さんにも面談頂き、一日3家族のみのお宿「他郷 阿部家」を番頭の峰山さんに隅々まで案内していただき・・・

松場登美さんとの話の中で、私の知るカタログハウスの福間さんや、姿勢を正す椅子「アップライト」や木曽のヒノキ製品を扱うアイドカの柴原さんとも親しいことがわかり・・・

更に、南木曽漆畑で木地師を営む小椋さんとも話が繋がり・・・

 

島根の大田、大森繋がりで群言堂のことに更に興味をもつこととなって・・・

聞けば、人口500人の大森で、100人もの雇用を生み出す松場夫婦の偉大さに敬服・・・

直接聞いた話を更に深めようと帰ってから2冊の本を購入・・・

「群言堂の根のある暮らし・・・しあわせな田舎、石見銀山から」「起業は山間から」。。。

 

田舎を謳歌するというか、彼らの考え方や目指す方向を求めて、今度会う日までにもう少し彼らを研究することにしました。

 

どうやら、神様が未熟な私に、『どっぷりとご縁ある石見の人たちと末永いお付き合いで人生を学びなさい!』

・・・そう言われているように思えてなりません!

 

ありがたいご縁に感謝です。

 

 

追伸!

次回の手打蕎麦「彩都 木楽庵」は7月14日(月)、その次は26日(土)です。

手軽な手打ちそば同好会は、7月26日(土)、午後2時半ごろからから開始です。


林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

林家 染弥さんの名前では最後の「彩都 木楽亭」は8月26日(火)!

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
http://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/