北側道路に面した敷地を間取る・・・

2014.7.8|カテゴリー「伝えたいコト ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

良い敷地って、道路の方向も関係ありますけど、その敷地に立った瞬間にピンときます!

 

南側に前面道路が面していたら良い敷地だとか!

北側に前面道路がある土地はダメとか!

もちろん、南側や東側に前面道路があって、尚且つ敷地が200坪以上あれば、それはそれはどんなことでも考えられますけど・・・

 

一般的に60坪ほどの敷地で北や西に面した土地はあんまり喜ばれません。

特に北側前面道路は、不動産屋さんもあんまり勧めないし、勧めたとしても安い物件探しのお客様に紹介することが多いものです。

 

今日は、その北側全面道路の敷地をお客さまに勧めてみました。

最初は、キョトンとなさっておられたのですが、その敷地の近隣環境との交わり方を説明すると・・・

そんな考え方もあるんだ!っと納得というか感心されたご様子!

 

そこで今度は、その敷地の地域との関係性を地図を見せて説明・・・

そして、道路正面に面したお家や畑、その奥の森の連なり・・・

て、南面では考えられない道路を挟んで、更にその向こうの抜けた空間。

そして、東隣りも道路に面して駐車場と玄関、そして、ちょっとしたお庭もあって南に建物をひいています。

西側の空き地の場合も駐車場や玄関を必ず北側に作ることが必須でもあって・・・

北東~北~北西へと広がりがあります。

 

南側はというと、敷地いっぱいに迫った2階建てのお家があって、南に庭を想定すると、大きな窓が幾つもあって、そのお家は北側に向けた部屋が4つほどありますから、いつも見られているような被害妄想にかられ、実に愉しくありません。

 

この敷地は地域特有の西風が午前中は流れます。

この風は、南の隙間や西から路地に向かって、西壁に向かって流れます。

午後からは北側が敷地的に山側に当たりますから、そちらから道路を横断して建物に流れてきます。

東西の壁の窓も引違ではなく、タテ滑り出しオーニング)の窓を開けたとき北側に壁をつくるように設置し・・・

 

午前中及び全般的な西風を大きな間口の窓や風の向きを意識したタテ滑り出しオーニング)の窓で対応・・・

 

その説明は、即興のラフスケッチで説明・・・

当然屋根にはしっかりとした断熱効果のある断熱材を敷き詰めます、壁も当然・・・

 

床下には空気式ファンコン床暖房を推奨!

このあたりなら薪ストーブは絶対有効だし、近隣の建物を観ると全く問題なし・・・

薪燃料は、私が知る必殺無料の薪燃料備蓄センターを紹介!

最初から外構工事に際して、植栽計画も施し、プランの途中から今すぐにでも住みたくなる・・・

そんなお家を目指して提案予定・・・!

 

けど、今日はあまり急かしたお勧めはしていません。

先ずはじっくりとご夫婦でその意味合いを把握し、ご夫婦にとって一番大事なこと、共有すべき想いがその土地に望めるのか?

 

そんな気持ちがまとまったら、即、予めさせる範囲の自分たちの予算を考え不動産屋さんに持ち主の方と話し合っていただく・・・

気持ちがまとまれば、迷っていては直ぐに他者に先手を越されてしまいます、往々にして・・・良くあるコトなのです。

こちらが欲しいと思うと他人も欲しがるものですから・・・そんな気持ちがまとまったら、今度は私が即、買付けと価格折衝を応援します。

 

私自身不動産屋さんではないのですが、こうした土地下見は実に好きです・・・

KJ WORKSも8月からは、過去の建てさせていただいたお客様のフォローや相談事の対応も含めて不動産事業を開始します。

益々、建築もさることながら、その土地を生かした不動産仕事にも熱血で頑張ります!

 

追伸!

次回の手打蕎麦「彩都 木楽庵」は7月14日(月)、その次は26日(土)です。

手軽な手打ちそば同好会は、7月26日(土)、午後2時半ごろからから開始です。


林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

林家 染弥さんの名前では最後の「彩都 木楽亭」は8月26日(火)!

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
http://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/