薪&ペレットストーブ&リフォームのお店、妄想から現実!

2015.7.21|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

『どっしり構えて実績をつくって次に進みなさい!』

薪ストーブには絨毯が似合いいます。

絨毯も薪ストーブインテリアの必需品な気がします!

 

天からそんな声が連呼して聞こえてきました。

周りのいろんな人を通じて、社内では裸の王様とは認めたくはないのですが誰も私を止めるコトは無いのでどんどん走ってしまう!!!?

ありがたいことに、周りの人に恵まれていて、最近は私を止めてくれる人が必ずいます。

あらたなハコモノを計画していたのですが、一旦延期することにしました。

 

中央広場の東側は現在空き地。

ここに薪燃料販売コーナーや薪割りスペース、薪燃料用原木貯木場、薪割り大会などの大空間を創り、それに似合う薪ストーブやペレットストーブ、家具などを通じてリフォームまで発信できる、そして、建物はビッグウォール工法のE-BOXで。。。

そんな妄想を諦め・・・

先ずは実績作りが固まるまでは、現実的な薪燃料販売コーナーや薪割りスペース、薪燃料用原木貯木場、広場に開放しよう!ということにしました。。。

諦めていませんけど!

 

ところで、あと3か月もすれば薪ストーブやペレットストーブのシーズン突入です。

ご覧の写真のように「かぐら」の薪ストーブ前に半円形の難燃絨毯を敷設してみました。

薪ストーブの扉を開けるときにどうしても火の粉が飛びます。

すると、木の床が焼けますし、灰で汚れます。

そんなためにはやっぱりセンスの良い難燃性の絨毯を敷いておくと安心。

そんな意味で最近は難燃性の絨毯を勧めています。

 

薪ストーブのお店に限らず、「かぐら」や「阿蘇小国杉の家・展示場」1階、そして2階にも体感できる薪ストーブやペレットストーブがありますから、先ずはしっかりと「薪ストーブのある家」を新築やリフォームで訴えていきます!

古民家リフォームには最高に似合います。。。

KJWORKSでは最近の古民家リフォームには100%薪ストーブを設置しています・・・

それほど絵になるのが古民家リフォームです。

これからはストーブ日記『炎のある暮らし』シーズンに向けて忙しくなりそうですから体力を充実しておかないといけませんね。

 

 

追伸!

次回の手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」は8月8日(土)。その後に手打ち蕎麦同好会が始まります!

9月1日(火)の落語会「彩都 木楽亭」は桂吉弥さんの番です。

11時半と2時開演。。。

前シーズンの薪割り大会は4月で終了しましたが、今季は彩都「くらしの杜」東の広場で計画します・・・敷地の整備が完了し、決まり次第、また報告しますが・・・

彩都の薪割り大会スペースは土木工事屋さんが忙しく8月の整備とまた少し遅れています!

毎日が笑顔と愉しさ満載のKJWORKSのホームページが、まだまだ未完成ながらようやく木の家づくり工務店らしくリニューアルしましたのでぜひご覧ください!