小国杉あってのKJWORKSの木の家づくり!

2016.9.13|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

夜景彩都「くらしの杜」の夜景。。。

KJWORKSでは自由設計の木の家づくりを「木想家」といいます。

木材産地は、阿蘇の小国です。

構造材や床材、外壁材、天井材などに採用しています。

 

薪ストーブ専用住宅「E-BOX」の構造材は、他の地域の杉集成構造材を採用しますので使いませんが、1階の床や外壁、天井、軒裏等には率先して小国杉を採用します。

杉集成構造材の場合、何故、小国杉を使わないのか?

そんな疑問が湧くかもしれませんけど。。。

小国杉の場合、強度的にも日本でナンバーワンでもあり。。。

また、大量生産に向いている木材産地でもなく、じっくりとこだわった乾燥木材を提供することがポリシーですから集成木材は生産致しません。

 

そんな心意気が好きで関わる訳ですから。。。

「木想家」ともう一つの柱である「E-BOX」の場合も構造材以外では常に採用していきたい木材なのです。

ただこれからの木の家づくりの形として、KJWORKSやお客様にとって「E-BOX」のパネル化する在来木造工法は絶対不可欠ですから、上手に小国とも共存していこうと思います!