古びた雰囲気を活かしてハウスメーカーの家をリフォーム(箕面市)

works-top-r-3-1
築40年ほどの大手ハウスメーカーの鉄骨の中古住宅を購入されたIさん。構造を活かしながら室内をスケルトン状態にして内部は木の家の雰囲気に大変身しました。古びたものや雰囲気がお好きなIさんの家は、新しいけれど古びた味を出すために木部に自然塗料や柿渋を縫って古色感をだしました。そのためお引越しされてもお手持ちのアンティーク家具がしっくりきます。PCカウンター天板の板はブビンガを使用。重厚な雰囲気が部屋全体の色合いにマッチします。古い家によくある狭い洗面所。トイレの位置や洗濯機の位置、玄関回りも工夫して洗面所のスペースを拡充。造り付けの洗面所もIさんのこだわりです。

iz01-1280x853
iz02-1280x853
iz07-1280x853
iz10-1280x853
iz08-1280x853
iz03