注文住宅・木の家 大阪・リフォーム・古民家再生・土地探し・北摂箕面の木の家づくり工務店。池田・茨木・高槻・吹田・豊中・京都・兵庫・堺

注文住宅・大阪・薪ストーブ・北摂の木の家づくり工務店『KJWORKS』

相談してみる

資料請求/お問い合わせ

家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり
それが私たちの志事(WORKS)です

家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり それが私たちの志事(WORKS)です

1213_2016_0808_suma_kaichiya_2016

自然の恵みと共存

そよ風

rf_fuyu_toriire
《そよ風》とは、太陽エネルギーや放射冷却など、自然の力を最大限に取り入れた家づくりの仕組みです、よく似たソーラーシステムとよく比較されますが、一番の違いは夏場の排気方法です。
他のソーラーシステムが夏場の熱い空気もいったん室内のハンドリングに取り込むのに対し、《そよ風》では無駄な熱い空気は屋根上で直接排気します。その結果、屋内が暑くなりにくいということになります。
また、設置部材も《そよ風》の方が小さく施工も簡単でメンテナンスがしやすいこと、そして、《そよ風》以外のソーラーシステムはご存じのとおり会員工務店に使用が限定されています。《そよ風》には限定がありません。つまり自由度が高く、コストダウンも可能ということになります。

太陽光発電

03_08_taiyou_san_2016_1028

一般に太陽電池と呼ばれる太陽光発電パネルは、1枚あたり、およそ1.6m×1mという大きさです。
例えば3kwの太陽光発電をおこなう場合、このパネルを15枚ほど、屋根に設置することになります。
その設置の方法については、「屋根に直接ビス(ねじ)で固定する」という方法が一般的ですが、KJWORKSでは直接屋根に負担がかからない、金物を設置し、その金物にパネルを取り付ける方法を採用しています。
新築住宅でも、リフォームによる太陽光発電のパネル設置の方法は同じです。

熱交換式太陽熱温水器

給水器に直結可能、究極の温水器!!
suntop_2016_1028

エコプロダクツ大賞 経済産業大臣賞受賞

株式会社寺田鉄工所の水道直結タイプ「サントップ」は、ガラス管内に直接は水を入れず、金属集熱体を通して熱を伝える、” ヒートパイプ”方式となっておりますので、ガラス管内に圧力をかけず、タンク内のみに圧力をかけて運転することができるため、水道直結で運転させることが可能です。
サントップ」は給湯器の一次側へ直結することが可能となり、別途水栓が不要となりました。
この方式によって、給湯器の給水温度が常に温水温度になりますので、大幅な省エネ化が実現できます。
KJWORKSは、熱交換式太陽熱温水器 寺田鉄工所の大阪地区の販売代理店です。

投稿日:2016年11月5日 更新日:

Copyright© 注文住宅・大阪・薪ストーブ・北摂の木の家づくり工務店『KJWORKS』 , 2017 AllRights Reserved.