注文住宅・木の家 大阪・リフォーム・古民家再生・土地探し・北摂箕面の木の家づくり工務店。池田・茨木・高槻・吹田・豊中・京都・兵庫・堺

注文住宅・大阪・薪ストーブ・北摂の木の家づくり工務店『KJWORKS』

相談してみる

資料請求/お問い合わせ

家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり
それが私たちの志事(WORKS)です

家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり それが私たちの志事(WORKS)です

1213_2016_0808_suma_kaichiya_2016

別途費用が必要な土地 ?

実際に土地を見るときは、立地や敷地形状はもちろんのこと、土地を整備する工事が必要かどうかをチェックします。
初めて家をつくる方の中にはご存じない方も多く、土地の状態によっては思いがけない出費になるかもしれませんのでご注意ください。

一つ目は こんな土地は思った以上にコストがかかる?!

道路や隣地との高低差があるときは造成工事を行います。
たとえば敷地が傾斜していたり、敷地の端が法面(土が傾斜している状態)であれば、盛土をして擁壁をつくる工事費用がかかります。
また擁壁の築年数が古い場合は、擁壁をつくり変える必要がある場合もあります。

fudo_col01_2016

二つ目は 上下水道やガスが引き込まれていない?!

住宅地であれば、前面道路に水道・下水・都市ガスの本管が埋設され、そこから分岐して各土地に引き込まれています。
ところが、なかには引き込み工事が必要だったり、管があっても旧式で細いため取り換え工事が必要なケースがあります。
下水設備がない土地は浄化槽を設置する工事も必要です。

fudo_col02_2016

三つ目は、土地と道路の関係にもご注意を!

都市計画区域内の土地では、幅4m以上の道路に2m以上接していなければ、建築物の敷地として認められません。
しかし、実際には道路の幅員(道路の幅)が4m未満も多くあるため、建築基準法では、幅員4m未満の道路でも、特定行政庁(市町村長または都道府県知事)が指定したものについては、建築基準法上の道路として扱うことにしています。これを一般に「2項道路」または「みなし道路」と呼んでいます。
2項道路に面する敷地に建物を建てる場合は、原則として道路の中心線から2m後退させた線を道路と敷地の境界線として取り扱うことになっています。
道路中心線から2m以内の部分は自分の敷地でも敷地面積に入れずに、建ぺい率や容積率の計算を行うことになります。
これを「敷地のセットバック」といいます。
他にも、周辺状況によって敷地の境界線が変わることもあるのでご注意ください。

KJWORKS 森
その他にも、現地で確認すべき項目はいくつもありますので、お気軽にお問い合わせくださいませ !

 

KJWORKSなら、こんな話もさせていただきます。

「土地」や「付帯工事費」だけの話だけではなく、「この土地だったらこんな家が建ちますよ」「窓からこんな景色が見えますよ」「家族が集まる場はココですよ」「ストーブ設置はココかなぁ・・」「あまり見たくないモノは・・」「こんな資金計画が考えられますよ」といったアドバイスも一緒にさせていただきます !
「土地」と「お家」とのバランスを考えた資金計画や、土地を一緒に見に行ったり、土地探しも喜んでお手伝いさせていだいています。

KJWORKS 森
一般的に家を建築することは一生のうちで何度もあることではないと思います、土地を選ぶ時には「建築の知識」「不動産の知識」「住宅ローンの知識」「住宅税制の知識」など実務経験が豊富なパートナーがいると安心ですよね !

KJWORKSなら、建物イメージを確認しながら土地を探せます。

これから土地探しを始められる方、気になっている土地があるけれど・・・という方は是非ご相談ください。

投稿日:2016年10月23日 更新日:

Copyright© 注文住宅・大阪・薪ストーブ・北摂の木の家づくり工務店『KJWORKS』 , 2017 AllRights Reserved.