ひとりご飯の支え

2014.7.31|カテゴリー「読書つれづれ」|投稿者 山口敏広

s-2014-07-31 12.26.11

『和食パスタ100』  つむぎや/堤人美 共著   主婦と生活社

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

KJWORKS阪神の新しい事務所で志事をするのは、基本的に私一人。お客さまの元へご訪問している時などは、ランチは外食になりますが、事務所で一人でいる時には、なるべく自分でつくりたいですね、お昼ごはん。

 

今回、パスタ大好きのそんな私にとてもよい指南書を見つけましたので、早速ゲットです。タイトルの通り、和風なパスタを100種類載せたレシピ本ですね。

 

パスタ大好きといっても、クリームたっぷりのものや、オイルにまみれたペペロンチーノといったものを毎日食べていては、かなり胃腸によろしくない、そう思います。

 

しかし、この表紙に載っているような和食系のヘルシーなものなら、日々美味しく継続できるのでは、そう思ったという次第。表紙は「ししとうとしらすのポン酢パスタ」。むむ、さっぱりと美味しそうですよ。

 

また、本書掲載のレシピはどれも、割りと手軽にできそう。いくつかのコーナーに分けてレシピ掲載していますが、テーマが「あえるだけ」「のっけ」「さっと炒め」など、どれもあまり手間いらずで美味しそうなのが嬉しいところ。

 

でも、単純そうでいてなかなか研究された組合せと感じるものが多くて、それも興味をそそられます。「人参のすりおろしと明太子のパスタ」なんて、どんな味かつくってみたくて、そわそわしますね。

 

和風パスタというもの、私だけかもしれませんが、バター醤油みたいな感じのものが多いと感じます。でも、もっと素材の味を活かしたつくりで、こんな100種類ものバリエーションをもっているんですね。

 

言っている間に、あと半月もすれば始まるKJ阪神での日々の生活。暮らしの中で大きな役割を占める「食」においても、なにか自分の経験を積み重ねていければ、そう思います。

 

素材の味を大事にしてつくる和風パスタには、無垢の木の家と通じるものがあるかも。100種類全て試してみたら、何か志事の方も極意が見えてくるかもしれませんね(笑)。