くつろぎの椅子

2013.8.22|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日は午後からずっと、この週末にご提案するプランの見積書をつくっていました。ずっと数字とにらめっこしていると、一段落した時には頭クラクラ、目がチカチカ、という感じです(笑)。

 

ふう、ちょっとメドがたったし、ちょっとくつろぎたいなあ!そう思った時、先日お引越しをされたお客さまに見せていただいた、とても素敵な家具を思い出したんです。

 

冒頭の写真がそれ。ソファらしき椅子とテーブルがありますね。そしてよく見ると、ソファの足元に、同じ高さで台のようなものが延びていますよ。

 

この木想家では、ソファとダイニングを別々に置くのではなく、普段の居場所をひとつにまとめてしまう、という案が、お客さまから計画途中で出されました。ダイニングで食べて、その後ソファでくつろぐ、というのではなく、それをひとつに、と。

 

実は、そういう例は今までもいくつもあるんです。例えば、大きなダイニングテーブルを据えて、食事もテレビもパソコンもミシンも、そこで何でもやる、という考えの家とか。ソファを置かない家も、今までたくさんつくってきました。

 

この木想家では、その「いつもいる場所」の家具については、お客さまの方で最後まで悩み、検討を重ねられました。そしてその答えが、このセット。「ダイニングソファ」という感じの家具ですね。

 

ソファは、少し高めで食事にも使える高さ。そしてそれに合わせて、特注のテーブルがきます。ダイニングチェアとソファの、ちょうど中間のような雰囲気で、食べる、くつろぐが共にできるようになっています。

 

そして、この「ソファの延長」のような椅子。これは本来、テーブルの反対側にある、背もたれのない「ベンチソファ」なんです。背もたれのあるものと無いものが、テーブルを挟んでセットで置かれているんですね。

 

食事の後、くつろぎタイムになったら、そのベンチをテーブルの下をくぐらせて、ダイニングソファとくっつけます。そうしたら、足が伸ばせて、一気に「くつろぎモード」になる、というわけですね。

 

お客さまも言っておられました。「足を伸ばしてくつろいでいると、すぐに眠くなるんです」と。確かにそうでしょうね。いいなあ、この「ダイニングソファ」っていうのも。とにかく気持ちよさそう!

 

どこで食事をして、どこでくつろぐか。それは本当にそのご家族によって様々です。ダイニングチェアとソファというのは、そのほんの一つの答えでしかありません。私たちはその色んなあり方をご提案し、お客さまと一緒にその暮らし方をつくっていきたい、そう思っています。

 

またひとついいものを教えていただいて、お客さまに感謝していた次第。今日の私の「数字で疲れた頭」には、このダイニングソファがこの上なく魅力的に見えるのでありました。

 

嗚呼、今、この椅子に倒れこみたい(笑)!