またくる朝

2015.1.17|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

2015-01-17 07.58.32

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日で、阪神・淡路大震災から20年。大きな節目の日です。

 

私も例年通り、朝5時半に起き、その時間に手を合わせ、黙祷をしました。

 

そして、いつもよりもずっと早く、芦屋のKJWORKS阪神へと出社しました。冒頭の写真、今日のこの日の、この景色を見たかったからです。

 

朝日に染まる芦屋川と、山々。美しいですね。

 

この風景は毎日繰り返され、あたり前のように、次の日の朝が来る。しかしそれは、あの震災で失われた多くの尊いものの上になりたっています。

 

阪神地区の方々には決して忘れることのできないそのことを、昨年からこの風景の中で志事をさせていただいている私も見失うことなく、ここにいられることに感謝して、今日を生きようと思います。

 

地域の皆さま方の素晴らしい「暮らしの実現」を、これからもかたちにしていくこと。それをもって、笑顔と幸せをうみだしていくこと。

 

それが、生かされているものとして、私の出来るご恩返し。そう思って見る朝の光景はひときわ美しく、私に、人々に元気を与えてくれるようでした。