五月のオクトーバー

2014.5.22|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

s-2014-05-21 14.41.09

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

昨日は午後からお休みをいただいていました。朝はまだ雨が残っていましたが、午後からはぐっと良い天気に。そこでとばかり、この春のマイ企画「アウトドアを楽しむ」を今回も遂行してきましたよ。

 

友人と連れ立って向かった先は、天王寺公園です。昨日のブログに引き続き、あべのハルカスが写っていますね。ここで今「オオサカ オクトーバーフェスト2014」が開催されているんです。オクトーバーフェスト、皆さんご存知でしょうか?

 

本来はドイツのミュンヘンで毎年10月に開催されている、収穫祭としての「ビールの祭典」なんですね。一回のお祭りでなんと700万リットルのビールが消費されるという、まさに「世界一のビール祭り」なのだそうです。

 

そんな本場のドイツビールを楽しむ祭典を日本でも楽しもうということで、今年はもう12年目だとか。今は大阪と、東京の日比谷でやっているようですね。私もドイツビールの魅力に惹かれ、2回目の参加になります。気候の良い時季に屋外で飲むビール、ちょっと他には代えがたい魅力ですから!

 

公園内にたくさんのテントや客席が設えられ、その周りに醸造所ごとの仮設店舗ができています。その好きなお店でビールと食べものをゲットし、席についたら、「プロースト!(乾杯!)」。まわりでも皆さん、色んなビールを好き好きに楽しんでおられますね。

 

私はオクトーバーフェストでは、あまり普段飲む機会のない「ヴァイツェン」と呼ばれる「無濾過白ビール」を楽しみにしています。後は黒ビール。どの会社のものも、日本のビール会社のものとはかなり違う味わいで、楽しめますよ。

 

昨日は平日でしたが、お昼から結構な人出。皆さん私と同じで、「昼ドイツビール」を楽しみにしておられたのでしょう(笑)。客席の前につくられた舞台では、ドイツの楽団による演奏や「ヨーデル」の歌声が響いていて、そのうちいい気分になったお客さんたちも、一緒になって踊っていました。

 

私も青空のもとでヴァイツェンを楽しみながら、ふと「あれ、今年はなんで5月にオクトーバーフェストがやるの?」と思いました。確か昨年は9月だったような記憶があります。いずれにせよオクトーバーではないんですけれども。

 

調べてみると、天王寺公園のエントランスエリアで市による工事があるから、のようです。そしてその次には民間事業者による工事が続く、とあります。昨日も書きましたが、阿倍野地区は本当にどんどん変わっていきますね。阿倍野の昔の魅力を知っている者には、少し寂しい気持ちもあったりして…。

 

いずれにせよ、春か秋の気候のよい時、アウトドアで楽しむドイツビールとドイツの食は格別です。今回は天王寺公園で6月1日までやっているようですから、関西にお住まいの皆さんは、「5月のオクトーバーフェスト」、参加してみられてはいかがでしょうか?