住まい手の日

2012.9.20|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。

 

今日はお休みをいただいております。といっても今日はお出かけは無し。家の用事を済ませた後は、のんびりと好きな音楽など聞きながら、少しプランなどの作業をしていました。

 

先日の雨の後、とても過ごしやすくなってきましたね。今日は曇りだし、家の中を通る風が気持ちよくて、プランづくりのような、脳みそがリラックスしていてほしい作業には、向いた日だったようです。もう秋ですね。

 

写真は自宅の内部。2階のリビングから3階を見たものです。3階は小さくて、他はほとんどが吹抜けになっています。端っこは2階建で、段々高くなって真ん中の辺りだけ3階建、という家ですので、吹抜けは全部屋根なりの勾配天井になっているんですよ。

 

会社のオープンオフィスにもずいぶん慣れましたが、やはりお客さまの方への目配りも大切ですし、他にも電話がなったり、スタッフからの相談があったり、あたり前ですが、色んなことが起こります。

 

そういう日々の中で、たまにはこんな時間をもち、あまり根を詰める感じでなく、のんびりと家づくりを考えるのもいいものですね。いつもと思考の切り替えができて、違うことが浮かんだりしますし。

 

完全には無理かもしれませんが、家のつくり手でもあり住まい手でもある私が、住まい手の目線になって家での時を過ごすというのは、つくり手の私へのフィードバックとしてもとても大切だと感じます。

 

まあ、と言っても志事もしていますが(笑)、しかしそういう時間というのは、やはり意識してもつようにしないと、そうなりませんから。

 

住んで7年、そろそろ設備機器の不具合なども出てきます。今日は大阪ガスさんのガス漏れ点検もあり、他にもいくつか気になることをチェックして対応の電話をしたりと、住まい手としても有意義な日でした。

 

自分が木の家に住みながら、木の家のことを考え、それをお客さまにお伝えできる。改めて思うと、それが出来るのは、とても幸せなこと、なんですね。