冬の大海原

2014.12.30|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

image

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS 木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日から、奥さんの実家である日向の国、宮崎に帰省しました。例年通り、こちらで家族とともにゆっくりとお正月を迎える予定となっております。

 

宮崎市内に奥さんの実家はあり、近くにイオンモールもあったりして賑やかな辺りなのですが、でも家から散歩がてら20分も歩けば、海に出るんですよ。

 

宮崎県のかたちを皆さんあまりご存知ないかもわかりませんが、南九州の東側、大きく緩やかなカーブを描く海岸線で、太平洋に面しています。

 

私が年末に宮崎に来てまずやること、それは冬の太平洋、その濃い青色をたたえた大海原を見に来ることなのでした。

 

冒頭の写真がさっき撮ったもの。すごいスケール感でしょう?この遠大な広がりある眺めが、家から歩いて行ける場所にある。羨ましいですね。

 

冬と言っても関西よりはずいぶん暖かくて、こっちに着いてダウンの上着を脱ぐ感じ。風は強いですが、今回もまたしばらくボケーっと、防波堤の突端から海を見ていました。

 

この雄大な景色と温暖な気候、自然に恵まれたこの日向の国は、来るたびに私を優しく癒してくれるように感じますね。人もみな、柔和な穏やかさで。

 

そして明後日の朝には、東にあるこの水平線から、初めての朝日が登ります。今回もまたその神々しい眺めに手を合わせに行くつもり。これもまた新年の恒例行事です。

 

そんなことで、新年3日まで、ここ日向の国でゆっくりさせていただきます。志事始めに向けて、しっかりとエネルギーを充電させていただく所存です!