初出の幸先

2014.1.6|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

2014-01-06 08.32.35

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日はKJWORKSの志事始め。今年も引き続き、この「志」の字を使い、それに相応しい志事をしていきたいと思います。皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今日6日が月曜日ということで、今日が初出という会社が多いようですね。今年は学校も今日から始業、というところがたくさんあるそうで、私の家も今朝から全員出動です。

 

それもあって、こりゃあ今朝は絶対に車が渋滞するに違いない、と予想した私。初出に向けてかなり早めに家を出発したのでした。久しぶりに乗った愛車で、今年の初出勤です。

 

ところが何故か、今朝の近畿自動車道は、八尾の料金所で少し事故渋滞があっただけで、あとはスイスイと流れてくれたのでした。ということで、ずいぶん早く彩都へ到着です。

 

ちょっと拍子抜けしつつ車を降りた私でしたが、そしたらなんと、冒頭の写真のような、雲ひとつ無い素晴らしい青空!少し寒いですが、空気も気持よく澄み切っています。初出に相応しい、爽快な朝なのでした。

 

何だか新年早々とても得した気分で、ニコニコして事務所へ。そうこうしているうちに、スタッフも皆出勤してきましたよ。口々に新年の挨拶をしつつ、久しぶりの顔と顔を見合わせます。

 

KJWORKSの初出の日は、例年やることが決まっています。まずは近くの春日神社にお詣り。その後すぐ近くのスターバックスにて、しばし歓談。会社に戻って、新年最初の社内会議。去年の反省と今年の目標を発表しあいました。

 

不思議なもので、朝とてもいい気分でスタートできると、その日はうまくことが運ぶように思います。歳を重ねたからか、近年とくに自然の風景、季節の移り変わりなどが心にしみるようになったので、朝にそういう美しさを感じられると、良き一日になる予感がしますね。

 

ましてや今日は、一年の志事の最初の日ですから、なおさらそうなのです。朝一番、抜けるように青い空を眺めながら、宮崎で見た初日の出、雲から抜け出てきたあのお日様のことを思い出していたのでした。

 

年の初めと、志事の初め。どちらもとても気持ちのよい、素晴らしいスタートがきれて、とても嬉しい2014年の初出です。こういうのを「幸先(さいさき)が良い」というのでしょうね。

 

幸先とは前兆のこと。「まえぶれ」という言葉もありますね。夏にはKJWORKS阪神として新しい日々が待っている今年、最初の吉兆がことのほかありがたく感じられたのでした。

 

でも、吉兆を本当の吉にするのは自分自身。「志すシゴト」でお客さまの「暮らしを実現」する、そんな一商人に、今年はなってみせますよ!