忘れられない日に

2014.1.17|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

K

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日1月17日は、あの阪神淡路大震災が起こった日です。あれから、もう19年になるんですね。しかし、あの震災を経験したすべての方にとって、今日はきっと忘れることのできない日だと思います。

 

被災はしなかったものの、前職の設計事務所での仕事が神戸にあった私も、その体験は一生忘れられません。

 

その後「木の家づくり」に転職して15年、今年は「KJWORKS阪神として、彼の地で志事をはじめます。今回の事務所探しで阪神地区をいろいろ歩いてみて、やはり昔の記憶と全然違う風景が多いことに、改めて当時の被害の甚大さを感じます。

 

あの日、大きな衝撃を受けたあの光景。その場所で自分自身が生きていくことになった年の、今日のこの日。朝、例年と同じように、慰霊の心を込めて、手を合わせました。

 

冒頭の写真は、美しい神戸の夜景です。力強く復興した街には 、19年後の今、震災の爪痕はもうほとんど見えません。しかし、ひとの心からあの日を拭い去ることは出来ないでしょう。

 

でも、私自身は、今年から「木の家づくり」という志事をとおして、今まで以上に阪神地区にお住まいの皆さまの暮らしのお役に立つことができる。皆さまの笑顔や元気のもと、幸せな暮らしをご提案させていただける。

 

この特別の日に、そのことにあらためて感謝いたします。そしてさらに前を向いて元気に、それを実現しよう、心からそう想うものです。