打合せの後に

2012.11.11|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。お家の設計士、山口です。

 

今日は雨でしたね。私は終日社内にて、お客さまとの打合せでした。雨に濡れて入ってこられたお客さまは、まず薪ストーブで暖まっていただき、ほっと寛いでいただいてからお話をはじめる、そんな日でした。

 

打合せはモデルハウス「阿蘇小国の家」の2階に専用コーナーがあってそこでおこなうのですが、今はその後に、1階で開催中の「ここちよい眠りと暮らしの家具展」も楽しんでいただけます。

 

展示期間中は、モデルハウス1階にはところせましと木の椅子やテーブル、そして寝心地の良いベッドが置かれているんですよ。ついつい座ったり、寝てみたりしたくなりますよね。

 

間取りの打合せをした後に、ダイニングにはどんな椅子がいいかな?なんて色々と座り比べてみる。木の家での暮らしをとてもイメージしやすくなって、お客さまにも好評なんです。

 

「これいいな!」と、お気に入りの椅子が見つかったら、何だかもうそのプランの家でその椅子に座っている気持ちになったりして(笑)。

 

木の家という箱だけでなく、そこでの暮らし全体をご提案する。それがKJWORKSの考え方です。展示している椅子やテーブル、そして造付けの家具にも触れて体感していただけるのは、まさに暮らしのシーンをイメージしていただくには最適ですね。

 

家づくりの打合せは、なるべく「彩都 くらしの杜」にお越しいただくようにしていて、お客さまにはそうお願いしていますが、それにはこんな理由もあるんですよ。

 

これから始まる木の家での新しい暮らし。それを木の家、造付け家具、置き家具、小物、器などなど、色んなもので五感で感じていただく。今日もそんな打合せができました。

 

ご来館いただき、どうもありがとうございました!