新しい物語

2013.8.25|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

昨日の朝、お客さまからのお電話を受けたスタッフが、私に伝えてくれました。「今日のお昼すぎ、リフォームをお考えのお客さまがご来館されます」と。私もちょうど館内にいる時間でしたので、対応を承りました。

そして来られたお客さま。「マンションの購入を契約したので、自然素材のリフォームをお願いしたい」とのお話。以前に何度もKJWORKSには来られていて、いよいよご自分の家づくりをスタートされた、というところです。

購入された部屋の間取りを見せていただいたり、リフォーム内容についてのご要望を確認したり。そして、お考えのご予算についてもお聞きしました。お客さまいわく、「その予算でリフォーム出来ますか。じつは、門前払いになるのも覚悟して来ました」と。

確かに、ご要望の全てを実現したら、ご予算内にはおさまらないかもしれない、正直そう思えました。でも、無理かもしれないと思いながら、それでもやっぱり無垢の木と自然素材を使ったリフォーム、何回も来たKJWORKSでのリフォームを、とお考えくださり、来てくださったのです。

私はもう、心からありがたいと思う、その気持でいっぱいです。「私どもに出来るだけのこと、精一杯やらせていただきます。決して無理な数字ではありません。まずはご提案をさせてください。」その言葉は、自然に出てきました。

といっても、やっぱりお話だけではご提案はできません。とにかく現地を見ないと、リフォームする内容もはっきりさせることが出来ませんから。スケジュール的にもあまり余裕はないご様子でしたので、「では明日、早速現地を確認させていただいていいですか」と申し出た次第。

そして今日、最短のスケジュールで、お客さまとともに現地確認です。場所は川西市。部屋は9階と聞いていましたが、部屋に入ってみてビックリ。その東側に広がる凄い眺望に、圧倒されてしまいました。

住宅街の向こうに広がる緑、緑、緑。池田の五月山から箕面、そして豊能町へと続く山並みがずらりと一望できる、素晴らしい場所だったのです。お客さまも、この眺めに惚れて、ご購入を決意されたとのこと。

こんな素晴らしい場所で、KJWORKSの木想家をご提案できる。そのことにまた感謝し、さらにファイトが湧いてきました!これは何としても、「喜んでいただける暮らしの実現」となる、良い提案をつくらねば!

その想いを胸に、それぞれの部屋をひとつひとつご一緒に確認し、リフォームが必要な部分、不要な部分、お客さまがやりたいところ、そして私から見てやった方がよいように思うところ、それを逐一ご相談するかたちで、方針をまとめていきました。

今回のリフォーム、やはりご家族が一番長い時間を過ごす「家族の間」を無垢の木の床と自然素材の部屋にしたいという想いが、まず優先順位としてトップになります。そして、傷んでいる水廻りの機器を取り替えること、他の部屋の仕上げ材を変えること、と続いていきます。

それらのご要望をふまえつつ、早速検討スタートです。解体、機器セレクト、仕上範囲の設定などなど、スピーディにまとめていかねばなりません。次の打合せは一週間後。さあ、この家づくりに、どんな「新しい物語」を紡いでいけるか。

無垢の木と自然素材の「家族の間」から望む、この素晴らしい山々の眺め。その情景を思い浮かべつつ、明日からじっくりと、かつ急いで、物語の序章を、つくり始めてまいりますよ!