春風のランチ

2013.3.8|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家の設計士、山口です。

 

ここのところ暖かい日が続きますね。いよいよ春の気配、なんだか気持ちも浮き立つようです。

 

今日のコラボ食堂は、アプリコティさんによるパスタやポットシチューのランチでした。お昼時は暖かくて、私も含めてKJWORKSのスタッフ達は、もうアウトドアランチと洒落こんでいたんです。その美味しいメニューについては、きっと他のブログにたくさん書かれることでしょう。

 

ご覧のパラソル付きのテーブル、そして向こう側のベンチは、くらしの杜の中庭に置いているもの。コラボ食堂のすぐ前です。春を感じる暖かな風を受けながらランチをいただくのは、とても気持ちがいいですね。私もこの写真を撮る直前まで、そのテーブルでペペロンチーノに舌鼓を打っていたんですよ。

 

で、この写真、わざわざ席を離れてこちらから撮りました。背景が駐車場なのは寂しいですが、手前のこの木を一緒に入れたかったんです。これは山茱萸(サンシュユ)の花。徐々に開いてきていますね。

 

梅や桜ほどのスター選手ではありませんが、このサンシュユも「春を告げる花」です。早春に、葉が出る前に黄色い可愛い花がたくさん咲きます。その様子から、別名を「ハルコガネバナ」と言うのだとか。

 

この花や、皆で植樹した「鎮守の森」でもうすぐ咲きはじめそうな沈丁花(ジンチョウゲ)を見ると、私は、もうすぐ春なんだなあ、と感じます。命が「張る」季節なんだなあ、と。

 

このサンシュユを眺めつつ、アウトドアでのんびり楽しむ春風のランチ。今日は春の息吹と、自然な素材による食事の両方から、元気のエネルギーをたくさんいただいた気がしました。