暮らしの小物のおつきあい

2013.7.23|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日は先日お引渡しをしたリフォームの木想家へ、お届けものでお伺いしました。それは、お引渡し時にお客さまからご注文をいただいていた「花器」のお届けだったんです。

 

このお宅の1階LDK廻りのリフォームは、先日このブログでも「魅せて隠す」というタイトルで書いた通り、キッチン横に飾り棚兼CD・DVD収納を造付け家具として設置する、というものでした。

 

その造付け家具の打合せを彩都・くらしの杜でさせていただいている時から、奥様にはその飾り棚に置くものの候補として、くらしの杜に展示販売しているこの花器が思い浮かんでおられたのですね。

 

冒頭の写真で緑が入っているのがその花器。旭川の会社、ドリーミィパーソンさんがつくっておられる「kime」シリーズFlowerVaseです。白い清楚な陶器の下に、無垢の木の台という商品で、何とも言えず愛らしい形と質感なんです。

 

無垢の木の部分に3種類あって、メープル、チェリー、ウォールナットから選べます。奥様から「山口さんならどれにします?」と聞かれて、「小さいものですから、飾り棚の木の色よりも濃いもので、クッと引き締める感じがいいですね」とご進言し、ウォールナットのものでご注文いただきました。

 

今日、実はリフォーム工事で設置した建具の調整工事があって、棟梁も来ておられたのでした。お引き渡ししてからの最終の調整ごともこれで完了。私もこの商品をお届けし、お客さまからのご要望事項も、全て完了です。

 

お届けした花器も、奥様の予想通りまさにピッタリのハマり具合ですね!飾られている他のモノとも、とてもよいマッチングです。私が写真を撮るというので、庭に生えていたアイビーをささっと取って挿してくださいました。とても素敵です。

 

今日の帰り際、先日「天使の建具」で書いた勉強スペースの主のミホちゃんが、「ええ、もうこれで山口さんけえへんの?」と言ってくれました。そういうお子さんの素直な感想が、とても嬉しいですね。

 

新築でもリフォームでも、つくってお引き渡ししてからが本当のお付き合いの始まりです。「家守り」をさせていただきつつ、今日のような小物、あるいはテーブルや椅子などの置き家具、器など、暮らしの中のさまざまなモノを介しての交流も、またこれから始まっていきますし、それが私たちの楽しみでもあるんです。

 

ミホちゃん、大丈夫。KJWORKSは工事したら終わりじゃないし、今日みたいな「暮らしの小物」もいろいろ扱ってるから、きっとまた来ますよ。ミホちゃん、ワカナちゃんも、もう夏休みだし、またくらしの杜に、ソフトクリーム巻きに来てね。