朔旦冬至

2014.12.22|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

blogipponmatsuasayake

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日12月22日は冬至。めずらしく朝からブログを書いています。朝が大事な日なのですよ、今日は。

今年は例年とは違う「朔旦冬至(さくたんとうじ)」というめずらしくめでたい日で、暦好きの私としては、そのことを少し皆さんと共有したいと思います。

 

そもそも朔旦冬至なんて言葉、ほとんど聞くことがないですね。それもそのはず、19年(と7ヶ月)に一度しかまわってこないのだとか。暦の上では希少な巡り合わせの日なんですね。

 

まず「朔」とは何か。これは「新月」という意味です。ちなみに同様の呼び方では、満月は「望(ぼう)」と言います。太陽太陰暦を使っていた昔は、新月が毎月の一日(ついたち)でしたから、これを朔日と言っていたようです。

 

次に「旦」。これは「日の出」のこと。元旦の旦も同じことで、初めて日が昇ることです。太陽と冬至の関係といえば、皆さんも御存知ですね。一年で一番太陽が出ている時間が短いのが、冬至です。

 

そのことから、古の人々はこの冬至の日を、「最も弱くなった太陽が復活する日」としていたのだそうです。ですから日本の「二十四節気」では、この冬至がスタート。そして今日、旧暦の11月1日(朔日)が冬至になりました。

 

旧暦の朔日ですから、新月です。そして新月というのも、月が一旦姿を消して、そこからまた徐々に大きくなっていく、まさに「月の復活の日」だと考えられていたんですね。

 

これで朔旦冬至の意味はおわかりいただけたかと思います。そう、月の復活の日と、太陽の復活の日が同じ日になる。その復活を祝う日、その始まりのパワーに満ちた日、というわけ。

 

古代、朝廷ではこの日を「蘇りの象徴」として、国家繁栄を願った盛大な祝宴を催していたそうです。叙位や恩赦、特別な租税の免除などもおこなわれたとか。ちなみに伊勢神宮の「式年遷宮」が20年に一度行われるのも、この朔旦冬至がきっかけではないか、という説もあるくらいなんですよ。

 

今日はそんな「復活のパワー」がいっぱいの日なんです。皆さんもそう感じて一日を過ごしていただきたくて、朝からの一文でした。日本という国もそうであってほしいと、心から願うものです。

 

さあ、いい天気ですし、寒さに負けずに頑張っていきましょう!

 

※ちなみに次の朔旦冬至は、19年後ではなく38年後の2052年になるのです。「旧暦2033年問題」というやっかいな問題があるのですが、これはまた別稿にて。ご興味がおありの方は調べてみてくださいませ。