木材利用ポイント、始まります。

2013.5.10|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日は朝から、国の補正予算で事業化された「木材利用ポイント事業」の施工業者向け説明会があり、社を代表して聞きに行ってきたんです。冒頭の写真は、その説明会があった場所。「大阪木材会館」ですね。

 

木材利用ポイント事業は、以前このブログで「木のエコポイント」と題しても書きましたが、出自のしっかりした木材を家づくりに活用することで、ポイントが獲得できる、というもの。その制度はもう始まっているので、今日の説明会で具体的な内容を聞いてきた、というわけです。

 

構造材に地域材を使った木の家、内装にそのような木を使った家、それぞれにポイントを取得することができます。新築住宅の場合、取得できるのは30万ポイント。1ポイント1円相当ですから、30万円分です。

 

現金化することは出来なくて、何らかの商品との交換が原則であるとは言え、30万円分のポイントはやはり魅力ですよね!商品というのはまだ決まっていないようですが、地方の農林水産品、あるいは木の産地への旅行費用などもある様子。

 

木の家を増やして林業を元気にし、なおかつ地域の農村漁村などへもお金が廻って活性化する、そんな仕組みとしてこの木材利用ポイントは考えられているようですね。

 

KJWORKSの木想家は、森林認証も得ている阿蘇・小国杉を使っていますから、当然この木材利用ポイントの対象になります。木想家として新築すれば、全てポイントがゲットできるんです。

 

ですから今日は、木想家を建てて下さるお客さまのために、かなり真剣に聞いて、しっかり内容を把握してきました。申請に必要なこと、もの、申請ができる期間、などなど。

 

具体的にはこの4月1日から来年の3月31日にまでに「請負契約」をした家が対象になります。そう考えるとまだ余裕がありそうですが、でもおそらくそうはなりません、私の予想では。

 

「住宅エコポイント」の時も、期間の途中で予算を使い果たして終了してしまったんですね。今回の木材利用ポイントの事業予算は400億と、住宅エコポイントの40%ですから、おそらく同様の結末かと。となると、あと数ヶ月しかない、ということになりますね。

 

この木材利用ポイントをうまく活用すること、そして消費税アップのタイミング(9月末契約の家は据置き)のことも合わせて考えると、あまり時間はないのです、正直なところ。

 

せっかくだからうまく使いたいという方、ともかくまずは一度ご相談下さいませ。お早めに!!