植樹祭の土づくり〈その3〉

2013.4.16|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

いよいよ4月20日の植樹祭まで、あと少しですね!今日はそのための土づくり、総仕上げとなる3回目をおこないました。

 

今回は大きな幹線道路沿いの歩道での植樹ということもあって、お客さまに植樹をしていただくエリアは、車道側にフェンスのある安全な場所でと考え、その部分の土づくりをしてきました。

 

でも、そっちの土がきちんと整うと、手前のフェンスのない場所がそのままになっているのが、何だか気になるんですね。やっぱりこっちの方も土づくりをきっちりやって、当日は車に気をつけながら、スタッフの手で植樹しよう!ということになりました。

 

ということで、さらに広くなった植樹エリア。でも、その部分の土は、4日のユンボ(ミニショベル)による土の掘り返しをしていませんでしたので、今日は人力で、そこからのスタートです…。

 

当初「人力で、ちゃんとやれるかなあ?」という不安もありましたが、今日はスタッフの提案で秘密兵器が登場しました。それは、コンクリートをハツったりする時につかう、削岩機のような機械です。

 

それでガチガチに固まった土に「ガガガガガ」っと切れ目を入れ、そして剣先スコップで掘り返すと、とても作業がスムーズ!半日覚悟していた下層土づくりが、1時間半ほどでできてしまいましたよ。素晴らしい!

 

午後からそこにまた山土と堆肥を入れ、混ぜあわせて、表層土も出来上がりです。これで、3日間にわたっておこなった土づくりも、全て完了しました。参加してくれたスタッフの皆さん、本当におつかれさまでした。ありがとう!

 

さあ、後は植樹を待つばかり。前日の19日金曜日には、植樹する苗や資材が入ってきます。植樹の準備もまた色いろあるのですが、土が出来ていれば、まず一安心ですね!

 

いよいよこの土曜日に迫った20日の「くらしの杜 植樹祭」、まだご参加の枠はあり、お申し込みいただけます。スタッフが皆で一所懸命つくった土に、一緒に木を植えましょう!

 

ご参加を、お待ちしております!