甘いあじの国

2015.1.4|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

s-2015-01-03 17.00.41

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

昨日は宮崎のお土産として「若山牧水」との再会を挙げましたが、それとは別にいつも買ってくる宮崎名産の美味しい食べ物があるので、今日はそのことを。

 

冒頭の写真は宮崎空港の中。揚げたてのそれがずらりと並ぶ光景です。この揚げもの、名を「飫肥天(おびてん)」と言います。宮崎県の日南市に「飫肥」という城下町があり、そこの名産なんですよ。

 

見た目は関西人には馴染みの深いごぼ天やひら天、そしておとなり鹿児島の薩摩揚げにも似ていますが、味はずいぶん異なるもの。練り物の素材である魚の種類から違っていて、イワシ、アジ、サバ、トビウオなど、日向灘でとれる青魚を使うんです。

 

それらの大衆魚を丸ごとすり身にし、そこに豆腐を混ぜるのが最大のポイント。そして味噌、醤油、黒砂糖で味を付けて、揚げてつくります。豆腐が加わることによる優しいふんわりとした触感が、何とも言えず美味しい。

 

そのまま揚げるものもあり、色々な具材を入れて揚げるものもあります。イカ、ゴボウ、高菜、紅しょうが、チーズや、ゆで卵が丸ごとひとつ入った真ん丸な飫肥天もあって、これの丸かぶりがまたたまりません(笑)。

 

江戸時代には「飫肥藩」があった辺りでは、旧来より味噌を使う料理が多かったのだそうで、そこに江戸後期からサトウキビの栽培が始まったことで、このような味噌と黒砂糖による味付けになったと聞きました。

 

私の大好きなこの飫肥天、その黒砂糖によって、味は関西の揚げた練りものに比べるとずいぶん甘い。でもそれはこの揚げものに限らず、南九州地方の特徴なのです。お醤油などもずいぶん甘くて、関東の方などは驚かれるのではないでしょうか。

 

宮崎や鹿児島など南九州地方では、気温が高く日差しもとても強いために人のカロリー消費量が多い。それを補う意味で、生理的欲求として甘いものが求められるのだ、ということが言われますが、私が体験した限りでは、それだけではないと思います。

 

南九州といえば、芋焼酎の文化です。蒸留酒である芋焼酎に、この甘めの味付けが相性がいいんですね。甘い醤油を使った料理も、そしてこの飫肥天も、日本酒よりも芋焼酎に抜群に合います。

 

最初はその味付けに私も戸惑いました。でも、元々焼酎は好きですから、その相性の良さにすぐにこの甘い味のファンに成った次第。ですから帰阪してお土産の飫肥天をいただくときは、やはり日本酒はやめて、芋焼酎を出してきますね。

 

その地域が生み出す食べものと、酒と。酒が変われば、また食もそれに追随し、双方がその地の気候風土や歴史と密接に結びついている。これこそまさに地域の食文化でしょう。

 

食卓で飫肥天と芋焼酎を楽しむ時、私は、南九州の素晴らしい食文化を家に連れて帰ってきている気分になるのです。