紅葉を身近に

2012.11.23|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。お家の設計士、山口です。

 

今日は新しい敷地との出会いを楽しみに、京都へと行ってきました。紅葉の時季もそろそろ終わりになりそうな三連休、その初日とあって、どこも車が混んでいましたね。

 

今回訪れた敷地の近くには、これも紅葉の名所である、毘沙門堂があります。下見の後、ほんの少しだけですが、立ち寄ることができました。

 

とても境内全部を回ることはできませんでしたが、その入口あたりの素晴らしい紅葉を見、とても豊かな気持ちになれましたよ。ありがたいことです。

 

もちろん本来の目的である敷地の確認も、きちんとおこなってきました!とても落ち着いた雰囲気のよい土地で、周囲の自然や紅葉、山々への眺めを家の中から楽しむことができそうな、素敵なロケーションです。

 

ちなみに、この毘沙門堂から奥の山へと山道をたどって行くと、大文字から銀閣寺へ抜けることができるのだそうですね。そして銀閣寺から哲学の道を通り、南禅寺を通って、また山道から毘沙門堂へと戻ってくる。この季節に最高の、そんな散策ルートのことも今日お聞きしました。

 

この近くに住み、日々の暮らしの中でそんな自然の中の散策が楽しめる。いや、とても素晴らしいですね。自然の息吹、その四季の移り変わりを身近に感じられる暮らし、うらやましい限りです。

 

そんな暮らしが営まれることになる、新しい木想家。今日見た敷地に、これからプランをつくり始めます。今日の毘沙門堂の紅葉をしっかりと頭に焼き付けて、そのパワーを間取りに吹き込めたらいいですね。