緑の高さ

2013.4.25|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日、また新しいリフォーム計画のご依頼を受け、現地の下見をしてきました。場所は箕面市の山麓のあたり、あるマンションの一室です。

 

ここは3階の一番東側の部屋。まだ前の持ち主さんが住んでおられる状態で、夏に引渡しを受ける予定なのです。それまでにしっかりとリフォーム計画を詰めておき、引渡しを終えたらすぐに着工、という目論見なんですね。

 

事前に間取りを見せてもらった時には、「東端の部屋だから窓が多めにあっていいなあ」というくらいの頭しかなかったのですが、今日現地を見て、その素晴らしいロケーションに圧倒されました。

 

冒頭の写真はダイニングテーブル横(東側)にある小さな出窓。窓の外は、一面の緑、緑です。東側にはマンションの開発前の山の樹々が残っていて、3階のこの部屋はちょうどその枝ぶりが広がる真正面の高さなんです。

 

ほら、ちょうど緑の樹々を額縁で切り取ったような、素晴らしい景色でしょう!?

 

南側の掃出し窓の向こうにも、これはマンションが出来た際に植えられた樹々が、25年の時を経て大木となり、これまた窓の外側にちょうど枝と葉がいっぱいに見える高さになっています。

 

さらに高台にあるこのマンションでは、南側の樹木の向こう側には遠く大阪市内までの眺望が広がり、この部屋を覗きこむような場所もありません。プライバシーを保ちつつ眺めは最高という、すごい部屋でした。

 

今の住まい手さんも、写真のようにとても美しく素敵に暮らしておられ、職場の事情がなければ自分がリフォームして住み続けるつもりだったと伺いました。こんな好条件の部屋はなかなかないでしょうから、それもわかりますね。

 

こんないい部屋のリフォームをご依頼いただき、本当にありがたいことです。今日はお客さまと一緒に色々と測ったり、眺めの確認や運びこみたい器具のこと、水廻りの改修方法など、現地での打合せもさせていただきました。

 

ちょうど同じ高さに広がる緑に囲まれて暮らす、素敵なお宅。そんな新しいリフォームの木想家、今日から家づくりのはじまりです。家づくりNOTEのご記入、そしてヒアリング、プランご提案と、一歩一歩着実に進んでいきますよ!