進化するセキュリティ

2013.4.6|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日は朝から、KJWORKS南大阪事務所にて、お客さまとの打合せがありました。色々と家の中身を一緒に詰めて来ましたが、今日はもうほとんど大詰め。お客さまのご要望により、セキュリティシステムのご提案でした。

 

家のセキュリティシステムとして、KJWORKSではSECOMさんと提携をしていて、そのお宅に合ったセキュリティのあり方をご提案できるようにしています。無論、お客さまが必要とされる場合に、ですね。

 

私も自宅にSECOMを入れているので、だいたいのことはわかるのですが、やはり今回の打合せについては、SECOMショップ北摂からプロに登場いただきました。事前に打合せをして決めた内容のご提案を、プロならではの視点で細かくご説明してもらったんです。

 

お客さまにももちろん良くご理解いただけてよかったのですが、実は私も久しぶりにSECOMスタッフ直々の説明を聞いたんです。いやあ、そのシステムの進化ぶりに、感心してしまいました。

 

私が自宅で毎日操作している「ボタン」は今や最新型の機器には一切無く、デジタルディスプレイのタッチパネルに変貌していました。そこから色んなメニューが呼び出せて、操作のわかりやすいこと!

 

冒頭の写真は、そのディスプレイを操作していない時に、なんと「フォトフレーム」として使用しているデモ画面です。なるほど、タッチパネルになると、こういうことが出来るか!どうしても部屋のインテリアとして邪魔な感じだったあの操作盤ですが、こうなってくると、ずいぶん印象が違いますね。

 

また、今はまだ出来ていないそうですが、将来的にはインターフォンとも一体化するであろう、というお話。これも、部屋の壁にいくつもの機器が並ぶという、あまり木の家に嬉しくない事態が回避できて、とてもいいですね。

 

さらには、地震などの天災の時に身の回りの重要な情報がなくなってしまうことの対応策として、SECOMのデータセンターに保険証やクレジットカード、パスポートなどの情報を預けておくこともできるとか。

 

いや、実に凄い。私が自宅に導入した9年前とは、まさ隔世の感があります。基本的な部分は同じですが、より使いやすく、より便利に、そしてよりインテリアを意識したものになっていましたね。

 

今日はよい勉強をさせていただきました。またこれからお客さまへのご提案、ご説明を充実させることができると嬉しくなったのです。セキュリティシステムの進化に負けず、私自身のご説明も、進化をしていきませんと、ね!