鍵の置き場所

2012.10.31|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

 

ご愛読、ありがとうございます。お家の設計士、山口です。

 

家づくりの中で、「玄関まわりに鍵を置いておく場所をつくってほしい」というご要望をよくお聞きします。下足入の一部に引出しをつくりたい、あるいは専用の棚をつけておきたい、などなど。

 

鍵って確かに、家の中にいる時には必要ありませんから、玄関まわりに置いておきたくなるんですね。でも、引き出しならいいですが、棚の上にゴチャゴチャといくつも並んでいると、雑然としていてあまり見栄えの良くないこともあるようです。

 

冒頭の写真は、ちょっと発想を変えた面白い鍵の置き場所です。鍵を置くのではなくて、差しておく。そのための細いスリットが設けられた、無垢の木の棒なんです。

 

この「鍵差し」が面白いのは、キーホルダーのデザインが楽しめることだと思います。鍵だけをもっている人はおそらくごく少数派で、たいていは無くさないように、キーホルダーやストラップなんかをつけて持ち歩きますよね。

 

鍵をスリットにさすことで、そのストラップ部分がぶらさがる形になり、その色々なデザインがゆらゆら揺れて楽しめる、そういう魂胆の小物だと思いますよ、これは。

 

写真の一番手前には、アンパンマンのキャラクター、「カツ丼マン」がぶら下がっていますね(笑)。ぶら下がる方に重点をおいたデザイン、なかなかあるようでない、優れものではないでしょうか?

 

この楽しい「鍵差し」、かぐらにご来館くださる方々にはかなり人気なんです。今回お引渡しをするリフォームのお客さまにも気に入っていただき、玄関に2つ設置されることになりました。ご家族が多いので、2つなんです。

 

こういう「遊び心」のある木の小物は、人を笑顔にしてくれますね!お引渡しの日にこの鍵差しもお渡しして、それが玄関の壁に並んで取り付けられるのが、今から楽しみであります。