階段下のタッパ

2014.2.19|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

1_o

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

昨日は新築現場のあと、同じ池田市内にあるリフォームの現場にも立ち寄ってきました。こちらも同じころに大工さんの工事が終わり、お引き渡しもちょうど二軒が同じくらいの時期になります。

 

大工さんの工事が現在大詰め。その最後が近づいた状態で、階段が設置されつつあります。冒頭の写真は、その踊場部分のみが出来上がっている様子ですね。

 

新築の木想家の場合、このように踊り場を4つに割ることはあまりありません。出来れば踊り場は広く四角いほうが階段のあがり降りがしやすいからですが、リフォームの場合は、なかなかそういうわけにもいかず、このような形になることもままあります。

 

家の間取り全体が変わってしまうこのリフォーム工事で、ではなぜ踊り場を細かく割るのか。それは、階段の後半部分の下の空間がトイレになるから、なんです。階段の下に少し配管が見えていますね。

 

階段の下をトイレとして利用するため、敢えてこの現場では踊り場を4つ割にしているんですね。踊り場が終わる前に、少しでも高さを稼いでおくため、なんです。図面では寸法はわかっていても、現場で実際にどう感じられるのか、それを確認してきたのでした。

 

この写真だけ見るとかなり華奢な感じ、頼りない感じに見えますが、見た目以上に頑丈に施工されています。敢えて踊り場の床板には丈夫なものを用いて、その下の天井高さが確保できるように考えられているんですよ。

 

さて今回、現場で大工さんと、こういう会話をしたんです。「階段下、タッパどれくらいですか。」「こんな感じですわ。少しでもタッパ稼ぐために、この段板の下がすぐ天井になるようにしてますよ。」「そうですね。それでOKです。」

 

タッパという言葉は、我々の間では普通に使われるもの。専門用語というか、業界用語ですかね。建物の各部の「高さ」のことをこう呼ぶんです。漢字では「立端」とか「建端」と書くのだとか。

 

このタッパという言葉、「身長」という意味で使われている方もあるかもしれませんね。建築用語が徐々に一般化して使われている言葉というのは、いくつもありますから。「真っ先に」の意味の「いの一番」も、元は建築用語なんですよ。

 

今回は通常よりもタッパが低い階段下のトイレですが、それはお客さまにもお話済みのこと。出来てきた現物で、便座に腰掛ける分には、さほど問題ないタッパがあることを確認できました。

 

ううむ、あえて文章にこう書くと、なんか面白いですね。いつも、こうやって喋っているんですが(笑)。業界用語とは、そうしたものなのかもしれません。