雨と休みの初出

2015.1.6|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 山口敏広

2015-01-06 12.55.20

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日はKJWORKSの志事初め。私も今日は箕面市彩都の本社「くらしの杜」へ出社しました。5日の月曜でなく6日なのは、ここ「くらしの杜」の休日が火曜日だから。5日に一日だけ出てまた休み、というよりも、5日まで休んで6日から、の方がいいだろうということですね。

 

でも、志事初めではありますが、火曜日なのでお客さまが来られるカフェやコラボ食堂などは今日までお休みです。その訳は、毎年の初めには全員で初詣をしたあと、KJWORKSのこの一年をどうするか、という年始の社内会議をするからなんです。

 

今年は会社にとって、スタッフの皆にとって、どのような年にすべきか。また近い未来にKJWORKSはどのような企業として存在することが望まれるのか。そんなことを、皆で共有しあう会議です。ですから、会社が本来休みである日のほうが、こと年始については、相応しいというわけ。

 

そんなことで、今日は会議と、それから昨年後半にスタッフの入替りがあったことから、新しい仲間も交えて、KJWORKSの家づくりの大きなポイントである薪ストーブの学び直しの会などもおこないました。お客さまがおられる時にはできないことばかりです。

 

お天気はあいにくの雨でしたが、さて、今日はどういう写真をブログにアップしようかと考えて撮ったのが、冒頭の写真。これは、くらしの杜が休みだからこそ撮れる、駐車場からKJWORKS全体を見た一枚です。

 

普段はここが車で埋まるため、このアングルの写真は撮ることが出来ません。私たちスタッフはよく知っていますが、この私のブログを読んで下さる皆さんには、KJWORKS本社の全貌をご紹介していなかったなあ、そう思って撮りました。

 

中央が「かぐら」と呼ばれるカフェや展示スペース、図書館などの建物。スタッフの執務スペースもここにあります。右側は薪ストーブの店「Filiz」と洋菓子の店「Princess Filiz」。かぐらとFilizの後ろのグレーの部分は倉庫や加工場になっています。

 

そして左側の白い建物が、木想家のモデルハウスと言える「阿蘇小国杉の家・展示場」です。その手前にくっついている板壁の部分が「コラボ食堂」という、日替わりオーナーの食堂ですね。

 

実は今年、2015年は、本社がこの彩都に移転してから10年を迎える記念の年です。こ10年で何が変わったか。KJWORKSが変えずにずっともっているべきものは、そして変えていくべきものは。福井社長を中心として、しっかりと形にしていく大切な年。

 

私はKJWORKS阪神として、少し離れたところから「くらしの杜」を見ることになりました。ならば「だからこそ見えてくるもの」という視点をもって、この記念すべき年のKJWORKSの進化に尽力をしていきたい。

 

今日は雨の中、「くらしの杜」の建物を眺めつつ、そんな想いが固まるのを感じていた次第です。